『King Crimson / Islands』

KingCrimson_Island.jpg ライブアルバムを除くと、キングクリムゾン4作目。最初の解散までのキングクリムゾンのアルバムは、あからさまなライブアルバムを除くと全部で7枚ありますが、つまりこれがど真ん中。そして、音楽も、シンフォニックな初期3枚と、インプロヴィゼーション&現代曲な後期3枚のちょうど真ん中ぐらいで、クリムゾンのなかでもちょっと毛色の違うアルバムといえるんじゃないかと思います。

 A面はメドレーのように音楽が繋がっていきますが、序盤はベースのアルコにアリス・コルトレーンのようなジャズピアノが絡む感じで始まります。もうこの時点でロックバンドなんてとうてい呼べない気が(^^;)。これまでのシンフォニックな匂いに、ブリティッシュ・ジャズの名プレイヤーの演奏が絡んでいきます。問題はここからで、どんどんインプロヴィゼーションの色彩が強まって、2曲目「SAILOR'S TALE」まで進むと、美しいオーケストレーションの前で妖しさ満載&熱気ムンムンの素晴らしい演奏!!即興を抜けた後の余韻も妖しくも美しい。。以降ではキングクリムゾンの音楽の中心に来る事になる、ジャズのようなコーラス形式ではなく、クラシックのような劇的展開のうえで繰り広げられる熱いインプロヴィゼーションというスタイルが、はじめて日の目に見たのがこのA面だと思います。
 そして、B面。もうこれはクラシックの室内楽といってもいいんじゃないでしょうか。狂気をはらんだようなA面とは実に対照的で、徹底的に美しいです。このアルバム構成がまとまりのなさと感じる人もいるかもしれないけど、僕はこれは絶妙だとおもってしまいます。壮絶なインプロヴィゼーションや古楽調の曲やジャズ、ロック的なハードな曲などを通って、美しい終曲「アイランズ」に辿りついた時の、なんともいえない浄化されるような感覚がすばらしい。なんか、マーラーの最終楽章に感じるような美しさなんですよね。

 プレスリーの頃から現在に至るまで、ロックやポップスは音楽番組上の都合からか3~5分の長調か短調の歌謡形式という死ぬほどワンパターンの曲が作られ続けています。曲どころか、演奏なんてそれこそ「こんなのなら人間が演奏する必要もないんじゃないの?」というような平らな演奏もけっこうあります。子供のころの僕は、音楽ってそういうものだと思ってたんですが、そうでない「これぞ音楽」というものを最初に教えてくれたのは、キングクリムゾンだったかも。このアルバムはキングクリムゾンの中では目立たない作品かも知れませんが、実はとんでもなく素晴らしい作品、絶対に聴くべきです。というか、クラシック系の人だろうがジャズ系の人だろうが、歌謡曲やロックしか聴かない人だろうが、最初の解散までのキングクリムゾンは、録音劣悪のライブ盤と「ポセイドン」以外は全部聴くべき。音楽好きの人間がこれを体験しないでどうする、と思ってしまうほどの素晴らしさです。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド