心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Judas Priest / Stained Class』

Judas Priest Stained Class 1980年前後ぐらいのロックバンドのアルバムって、1枚だけ聴いてそのまま卒業というものが、僕の場合は異常に多いのです。この時期青春まっただ中だったくせに、同時代の洋楽が肌に合わない不幸な学生でした(^^;)。これは、メタルの走りとなったロックバンドの代表作という触れ込みで友達が貸してくれた1枚で、1978年作。スピードメタルなんて言われるそうです。この偶数拍強調のタテノリな感じとbpm140ぐらいの心地よいテンポ感を「スピードメタル」と名付けた人は、ネーミングセンスあると思います(^^)。何となくアイアンメイデンに近い部分もあって、そこにイギリスを感じたりもしてました。70年代後半のロックのステレオタイプといってもいいぐらい。

 みんなうまいです。ヴォーカルはちょっと細いけど、うまいし申し分なし。ギターは王道的なHR/HM系のギターに少しだけジミヘンが入ってる感じで、これもいい。ドラムのツーバスなんて、もしかしたら以降のメタルのお手本になったんじゃないかとすら思えちゃうぐらい。曲も外れがないです。これだけ好条件なのに、若い頃の僕にはピンと来なかった。そして何十年の時が流れ、久々に聴いたんですが…やっぱり肌に合わなかった_| ̄|○。。弱点はないんだけど、教科書通り過ぎて、退屈すぎると感じちゃうみたい。たとえば、ハーモニーが古典的すぎて退屈に思えちゃう。冒険的な音が全然入ってこないから飽きちゃうんですね。それはリズムやメロディも同じ。もっとヤバいのは、曲がぜんぶ歌謡形式なんですよ…。ここは、80年代以降の英米の大手レコードメーカーが作った「産業ロック」なんて言われるものに共通する所かも。このあたりからの英米のロックのレコードは、ヘタなものが減ってどれもみんなうまいけど、「たくさんの人が楽しめる」がキーワードででもあるかのように、個性はNG、難解なのもすべてダメみたいで、型にはまってしまった印象が…いや、いいバンドだと思うんですよ。スタイリッシュなものが好きな人には、最高のロックなんじゃないかという気すらします。あと、ジャケットがカッコいいと思う。。きっと、僕がロックから卒業するぐらいの年齢になってたんでしょうね。音楽でも本でも、年相応というか、ある年齢までに出会っていれば受け入れられるけど、ある年齢を過ぎてから出会うともう受け入れられない、みたいなものってある気がします。でも超有名なバンドだし、これよりいいアルバムもきっと作ってるんでしょうね。


関連記事
スポンサーサイト

Comments
つまらんのですよ 
つまらないというのは間違いでして、このアルバムまでは音がショボいというか、私に響かないというか。
後追いだからかもしれないけど、古臭い音が苦手です。私のジューダス プリーストは次作からですね
Re: つまらんのですよ 
ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!

このへんの音楽に詳しいボネ太郎さんの感想をいただけてると、すごく参考になります!
そうですか、次からが面白いのですか。あちゃあ、若いときの僕は失敗しちゃったかなあ(^^;)。



04 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS