『KISS / Alive!』

Kiss_Alive.jpg アメリカのロックバンドKISSの1975年のライブアルバムです。若い頃、このメークがうさん臭く感じてしまって、「アメリカは売れる為なら何でもアリやな、どうせ見かけ倒しやろ」と、聴かずじまいで通り過ぎてしまった(^^;)。時は流れ、めずらしく演奏の仕事をいただき、そこで知り合ったレコードプロデューサーさん(こういう人種がいるのかとちょっと感動^^ファッションや喋り方もあか抜けていて、東京って凄いなと思った若い頃の僕でした^^)とKISSの話になったんです。「僕、キッスって聴いた事ないんですよ~エヘヘ」「え、そうなの?駄目だよロックの仕事するなら聴かないと」…みたいな流れで、プロデューサーさんが聴かせてくれたのがこれ。そして…おおおお~カッコいい!!音がズド~ンと太くて迫力があって、それだけで持ってかれちゃいました。でも、その感動って、レコーディングスタジオの馬鹿デカいスピーカーで聴いたからかも(^^;)。

 さすがグランドファンクMC5を生み出したアメリカのハードロックシーン!!露骨に売れようとする所もまたアメリカですが^^;、図太い音の迫力にやられました。ほかにも、リフがザクザクしてカッコいい!ヴォーカルもシャウトがさまになってる!!やっぱりアメリカのバンドははじけ具合が違いますね、これは国民性なのかなあ。僕はいまだにポールとジーン・シモンズとエースの区別がついていないニワカですが(^^)、外連味たっぷりな所も含め、カッコいいロックでした!KISSって、自分がもっと若い頃に出逢ってれば、もっと入れ込むことができたバンドだったかも。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あらまぁ!

急にキッス投入ですか!!
私は仮面脱いだ瞬間からの後追いですが、全時代のキッス大好きです。何しろ曲がいいし、聴きやすい。

Re: あらまぁ!

ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!いや~共謀罪が成立とか○○学園の口利きとか忖度がどうとか見てたら、キッスでも聴かないとやってられない気分になってしまいました(^^)。

キッス、いいですよね!難しすぎないし、スカッとして、僕にとっては清涼飲料のようなバンドです!

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド