『Mississippi John Hurt / Today!』

mississippi john hurt today ひとつ前の日記で紹介したエリザベス・コットンさんみたいに、アメリカ黒人のギター弾き語りなのでブルースといわれる事もあるんだけど、 実際には白人のカントリーミュージックみたいなアルベジオ主体のアコースティック・ギター音楽です。ミシシッピ・ジョン・ハートさんです。このレコード、僕は若い頃にはすっごくつまらなくって、それでも貧乏なのに買ったもんだから何度も何度も繰り返し聴いて良さを分かろうとして、それでもダメだったという、僕にとってはいわくつきのCDです。そしてこの前、30年ぶりぐらいに聴いたら…よかった(^^;)!!いや~、売らずに取っておいてよかったです。。

 このレコード、ヴァンガードというアメリカのフォーク系のレーベルから出た一枚で、フォークリバイバルの波に乗って、久々にジョン・ハートさんに注目が集まった時に出されたみたい。レーベルの色そのままの内容で、ブルースというイメージとは全然違って、すごく落ち着いていて、心地よいギター弾き語りのアメリカン・ルーツ・ミュージック的なフォーク。エリザベス・コットンさんみたいな超絶なギターじゃないけど、歌はジョン・ハートさんのほうがいいなあ。歌も叫んだり張ったりする事がなくって、すごく落ち着いていて気持ちいい。。牧歌的、レイドバック、リラックス系。あと、詞も飾ってなくっていいです。歌って、やっぱり舞台や商売のために言葉の上っ面ばかり体裁を整えたものじゃなくって、洗練されてなくても大した話題じゃなくっても、人が本当に考えたり思ったりしたと思えるようなことを歌ってくれる方が心に響くなあ。
 でも、なんで若い頃の僕が、これを良いと感じなかったのかも、なんとなくわかります。当時はブルースにハマっていたので、ブルースのあのアクの強さを求めてしまっていたんでしょうね。ジョン・リー・フッカーの唸り声&ガツガツ刻むギターとか、ライトニン・ホプキンスの酒やけした声&独特のタメとか、ハウリン・ウルフのだみ声とか。そういう強烈さといぶし銀の混じったようなブルースを期待して買ったものだから、このあまりにも牧歌的な音楽に「これはブルースじゃない!」と思っちゃったんでしょう、きっと。あと、まだ英語がよく分からなかったのも痛かったかも。ほら、ウディ・ガスリーとかもそうですけど、フォークって、詞が分からないと魅力半減じゃないですか。そんなわけで、ブルースと思って聴くと外すかもしれませんが、牧歌的なアメリカン・ルーツミュージックと思って聴くと、とつぜん魅力ある1枚に感じるんじゃないかと(^^)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おひさしぶり(?)です。
前回の記事といい、なんだか気になります。そのうち聴いてみたいです。

私の知らない分野の音楽の情報がたくさんあって、とても参考になります。ありがとうございます!

大した話題じゃなくっても・・・自分が好きと思える音楽を私も探していきたいです。

Re: No title

宮国さま、書きこみありがとうございます!どうもご無沙汰でした!

エリザベス・コットンおばあさんは、ギター音楽が好きなら必聴です!歌は音痴ですが、フォルクローレとしてギターとの絡みが絶妙、この伝統がボブ・ディランやジミヘンに受け継がれたんじゃないかと(^^)。ミシシッピ・ジョン・ハートさんは、このアルバムもいいですが、ぼくのイチオシアルバムは次に書くので、もうちょっと待って下さいね!

音楽っていいですよね、聴いてヨシ、演ってなおヨシ。宮国さんのような哲学・現代思想方面の専門家の方は、音楽学に入るとハマる気もします(^^)。僕はデザインが本業になってしまったもので、クラシックをじっくり聴く事が出来なくなってしまいましたが、でもロックもジャズもワールドもクラシックも現代音楽もみんな好きです(^^)。

No title

BACH BACHさん、こんばんは。
調べてみたら、エリザベス・コットンさんは1895年、ミシシッピ・ジョン・ハートさんは1892年の生まれなんですね。
日本はまだ明治の20年代、世界中で植民地争奪の戦争があたりまえだった時代。黒人の人権なんてまるでなかった時代。
そういう時代に生きた人たちの音楽が今もちゃんと聴ける、っていうのはすごいことですよね。

1920年代のレコード

goldenblueさん、書き込みありがとうございます!少なからず、goldenblueさんの最近のオールディーズ記事に影響されて書いてます(^^)。

コットンさんは発掘された人で、人生の晩年になってようやく日の目を見るようになったみたいです。最近、日本のインディーズがコットンさんのライブ音源をリリースしたみたいで、これは聴いてみたいんですが、最近自分の購入リストに欲しいものが溜まってきていて、予算的にキツイ…。ミシシッピ・ジョン・ハートさんは若い頃からプロのブルースマンだったようで、1920年代の録音とかが残ってます。これ、最近聴いたので、近いうちにレポートしますね!

古い歌を聴いていると、世界旅行にプラスしてタイムトラベルまでしてるみたいで、どっかに連れて行かれてしまいます(^^)。アフリカの囚人歌とか、ロシアのアウトカーストの歌とか、イギリスのバラッドとか、メキシコのソンとか楽園時代のキューバ音楽とか、アメリカの古いブルースで、特に僕はそうなっちゃいます(^^;)。日本のワークソング系の民謡でも「ああ~日本には昔こういう生活と光景があったんだなあ」な~んてホロリときてしまうときがあったり。歴史の教科書なんて後から言葉でなんとでも言えますが、遺跡とか古い録音って、それがすべてを語っているというか、あとづけの嘘がつけないような説得力がありますよね。今となってはもう録音できないから、古いフォルクローレのレコードは、すべて大事な財産だと思ってしまいます(^^)。
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド