コミック『風の谷のナウシカ』

KazenotaninoNausica_comic1.jpg 「風の谷のナウシカ」の原作コミック。僕が小学生の頃、「アニメージュ」というアニメ専門雑誌がありまして(今もあるのかなあ…)、それに連載されてました。当時のアニメというと松本零士さんのSF作品やガンダムなどのロボットアニメ、そしてうる星やつらあたりの美少女ものがメジャーで、その中にあって「風の谷のナウシカ」は、コミックも映画も異質でした。特にコミックは、独特の絵柄に、大人が読んでも難しいテーマやストーリー展開。僕はアニメージュという雑誌をたまに立ち読みしていたんですが、ナウシカの連載は内容がまったく理解できずに読まなくなってしまいました(^^;)。全部読んだのは、もう30歳を超えたぐらいの時。古本屋で全巻セットを見かけ、「あ、そういえば子供のころにアニメージュに連載されていたな、懐かしいな」な~んて軽い気持ちで手に取ったのです。そして…いや~~~~深かった!!

 映画に描かれていたのは物語の序盤も序盤、ほんのさわりだけで、設定も少し違います。映画は、背景にうっすらと色んなメッセージがあるものの、あくまでナウシカという主人公の描き出しがメインで、あくまでストーリーを追う娯楽映画という所を崩さずに作られていたと感じるんですが、このコミックはメッセージが思いっきり前。テーマは、命、人間、自然…ザックリ言ってしまえばこういう所で、それが自然賛美とかそういうのではなく、現代人に対する警鐘として描かれている所がグサッときます。僕の印象では、ナウシカというのは宮崎駿さんの作家としての生涯のテーマを凝縮したもので、「生命」とか「人間」という所に向いていると思います。人間というのも、心とか感情とか、主人公がどう感じたかとか、そういう小さい所じゃなくて、生命としての人間というところ。このテーマって、正直言って芥川賞や直木賞の受賞作品なんかの作品が取りあげているテーマなんかより、よっぽど重要なものと感じます。けっきょく、小説であるかマンガであるか音楽であるかなんていうものはあくまでも手段の違いであって、素晴らしいものというものは扱っているテーマが素晴らしいんだな、と思わされました。映画に大感動した僕だったので、映画とはずいぶん趣の違うコミックは最初は違和感だらけ、内容もちょっと複雑で、最初に読んだ時は「???」と理解できないところも結構あったんですが(ストーリーすら追い切れなかった(^^;ゞ)、何度も読んでいるうちに、「これはとんでもなくすごい本だな」と思うようになりました。極端に言うと聖書みたいな本で、こういう人類に対する重要なメッセージを正面から扱った本は絶対に読まないといけないと思ってしまいます。コミックだから、先入観でそう思われる事は少ないんでしょうが…。これは映画とは別の意味でとんでもなく重要な本、コミックだなんて軽く見たらいけない、現代人が一度は読まないといけない重要な本。映画しか見た事のない人は、ぜひ!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

だから宮崎駿作品は

基本的には『風の谷のナウシカ』までが好き。トトロからはわざとらしく(笑)
・・・って、コメント続けてる私です。
悪い大人のグラハムボネ太郎。
ちなみに東京ではトトロは『火垂るの墓』と二本立てでして、彼女とデートで観ましたが、先に『火垂るの墓』だったから、心がどぉ〜んとした後にトトロ。楽しくなかったです(笑)、、、だから、その夜もそんな気分じゃないって言われてエ◯チも無しでした(^-^)
ダブルで泣けた1日でした(笑)

Re: だから宮崎駿作品は

ボネ太郎さん、ひき続きコメントありがとうございます!そうそう、別の話になりますが、レスリーウエストとジャックブルースのレコード、うちにありました!買った事すら忘れているとは(;;)。

実は僕も、宮崎さんの作品は、ちゃんと見たのはカリオストロとナウシカあたりまでで、ここまではすごく好き。それ以降は、この2作に比べると真剣に見たとは到底言えなくって、たとえば「もののけ姫」みたいな作品の場合、ボネ太郎さんがおっしゃる「メッセージ性」みたいなものがちょっと鼻につく感じは僕にも合って、おっしゃる意味がなんとなく分かる気がします(^^)。

『火垂るの墓』を見た後にHは、僕も出来ないなあ(^^;)。。

風の谷のナウシカ

実は、映画を見る前にこのコミックを読んだのです。
自分で買うわけないので、多分ませた友人が貸してくれたのかな。
正直言って、10代半ばの自分にはどうもピンとこなくて、、、、

その印象が強すぎて、映画は今まで見たことがありませんでした。
避けてたというか。
そうですか、原作と映画、全然違うのですか。
今度、見てみようかな。

Re: 風の谷のナウシカ

AKIさん、書き込みありがとうございます!

コミックが先ですか!それはアンラッキーでしたね、映画→コミックだと入りやすいと思うのですが、それでもコミックのナウシカは子供が読むには難しすぎる気がします。僕も子供のころに読んだ時は、ストーリーすらチンプンカンプンでした。楽しさよりもメッセージが先に来るというのも、感覚的に好きになりにくい理由のひとつかも。

映画はすっきりとまとめられているし、映画的な楽しみにもあふれているので、きっと楽しめると思います。子供っぽい所がないとは言いませんが、全体として大人の鑑賞に堪えるものだと思います。

別ネタですが、グレッグ・レイクさんのカバー、清々しいアレンジで素敵でした!いつも、AKIさんの曲紹介とコード譜を見て、さらわせて貰って、楽しませていただいています。ああいうクリシェっぽい動きって、グッときますよね。ピアノだけじゃなくてギターでも拾ってみたのですが、なるほど開放弦を使うんですね。そうしないと、僕にはBbM7add11は演奏出来ないっす(^^;)。前回楽しませていただいたのがナベサダさんの曲だった気がするので、久しぶりで嬉しかったです(^^)。
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド