かまやつひろしさん、逝去

Kamayatsu.jpgムッシュかまやつさんが死んじゃいました。享年78歳…なるほど、好きな音楽をやってこの年まで生きられたのなら、いい人生だったのでしょうね。

世代的にスパイダースに対する思い入れやリスペクトはないのですが、はじめ人間ギャートルズのエンディングテーマ「やつらの足音のバラード」、あれは子どもながらも心に響くものがあったなあ。まったく何にもないところに、星が生まれ、川が流れ、恐竜が生まれ…いい歌でした(・_・、)。あの頃のアニメって、エンディング・テーマにいい歌が多かった。天才バカボン、ルパン三世、アンデルセン物語、宇宙戦艦ヤマト…なにもかも懐かしい。。

僕は、かまやつさんのアルバムでは、セルフカバーしたものを聴いた事があるだけですが、キャッチーな曲がいっぱいあるのに驚きました。この人、実はポップスの作曲に一番の才能があるんじゃないかと思いました。ムッシュ、ショーケン、ジュリー、スズキヒロミツさん、堺正章さん…グループサウンズの人って、引退後もずっとテレビで活躍している人が多いですが、それってどれだけグループサウンズのブームが凄かったのかを物語っている気がします。今聴くとみんなビートルズとかストーンズとかアニマルズとかのマージービートをやりたかったんだと思いますが、イギリスはあそこから音楽性を進化させてロックの音楽的なレベルを高めていったのに、日本はあそこから音楽を差し引いてタレント性だけを残したジャニーズみたいな方向がマジョリティーになっちゃったというのが残念。ポップスでもいい音楽はみんな裏方か地下に潜っちゃったんですよね。日本もイギリスみたいな進化の仕方をしていたら、ムッシュさんももうすこし日の目を見たのかも知れません。

ご冥福をお祈りしますm(_ _)m。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした、ムッシュ

ショックというには、世代が少し違うのですが、
小学生か幼稚園の時かに、TVでグループサウンズが
活躍していた記憶があります。

あの時、形だけかも知れませんが、世界の先進ロックミュージックを
輸入していたのに、その後は多分「ニューミュージック時代」まで
15年位、空白が続いたのですね、今から考えると。

Re: お疲れ様でした、ムッシュ

そうですね、グループサウンズの後はフォークで、ロック空白の期間なんでしょうね。フォーク時代のロックというと、フラワー・トラべリン・バンドとかサムライとかクリエイションとかでしょうか。そう考えると、いるにはいたんだけど、聴く側のレベルが追いついていなかったとか、売る側が相変わらず産業的なプロ作曲家と担がれたアイドルという構造しか作れなかったとか、作り手よりもシーン自体がレベル向上を妨げていたのかも知れませんね。日本で、音楽に限らず、美術でも文学でも映画でも政治でも、民間クリエイター自らがマジョリティとなるようなシーンを作っていくというのはムズカシイのかも。


スパイダース

スパイダースは昨年ごろからよく聴いていたので、ニュースを聞いてとても残念に思いました・・・

私もスパイダースについて記事を書いてみました。

スパイダース
http://miya.aki.gs/mblog/?p=4383

Re: スパイダース

宮国さん、ご無沙汰しています。あたたかくなってきましたね、東京は連日で7月中旬の気温です。

かまやつさん、残念でしたね。でも、そろそろGS世代の人の訃報が増えてもおかしくない時代になったんですね。
スパイダースの記事、読ませていただきました!僕はGSはジャックスとかゴールデンカップスとかモップスあたりしかちゃんと聴いていないので詳しくないですが、ビートルズがどれだけ日本で影響力があったのかとか、戦後生まれの最初の世代の思潮なんかも感じる事が出来たりするので、いつかまとめて聴いてみたいとは思っています。


No title

記事、読んでいただいてありがとうございます!
あくまで私の個人的感想ですが・・・

スパイダース、なかなか懐が深いです。「風が泣いている」のヒット以前のスパイダースもいい曲があります。

モップスですか! あまり詳しくはないのですが、IIJANAIKAを聴いたときにはしびれました(変な表現ですみません)。

サーフィンの影響かな?

スパイダース、Youtubeで何曲か聴きました。

2拍裏や4拍裏を打たないドラムは、きっとサーフミュージックの影響が強いんでしょうね。演奏だけでなく、曲もサーフィンの影響かな・・・と思うものが多かったです(^^)。

ドラム

スパイダース初期の田辺氏のドラムは、三三七拍子からきているという説が、ネットのあちこちで見られます。

例えばこことか・・・

Seinan Presents Plues Power
思い出のムッシュ(ムッシュかまやつさんを偲んで)vol.1
http://blues-power.jp/?p=8511

トーキョー・サウンズとして海外に売り込む目論見もあったみたいで、日本らしさも出していこうと試みていたのかもしれません。

URL間違えてました

すみません、URL間違えていました。

こちらです。
http://blues-power.jp/?p=851

まぁ、気が向いたときにでも・・・

Re: URL間違えてました

宮国さん、情報ありがとうございます!

今度、見てみますね(^^)/
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド