心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『フラワー・トラべリン・バンド / SATORI』

FlowerTravelinBand_Satori.jpg 黎明期の日本のロックの大名盤として名高い一枚です。もともとは内田裕也さんが在籍していた「フラワーズ」というバンドが母体で、裕也さん脱退後にジョー山中さんなどを加えて再出発した日本のロック黎明期のバンドが「Flower travelin' band」、これはその代表作と言われてる1枚っす。1971年発表のこのアルバムはアメリカのアトランティックと契約して北米で発売されたそうで、日本には逆輸入の形。北米でアピールするものとして、アルバムタイトルもジャケットデザインも東洋を押し出してますが、音楽は思いっきりアメリカのサイケ。歌も少なく、ほとんど雰囲気サイケといったかんじ。コード進行とかもあんまり考えなくてリフの組み合わせが中心というところは、ブラック・サバスっぽくもあります(^^)。サイケに興味津津だった子供のころ、「おお~怪しくってかっこいい」と思ったものでした。60年代のアメリカのガレージバンドやサイケバンドって、こういう感じのものもけっこうあるから、言われなければアメリカのバンドと言われても分からないかも。そういう意味で、これは「アメリカのサイケデリック・ロック」と言い切っちゃってよいんじゃないかと。

 日本のロックの名盤みたいに言われるアルバムですが、ぼくには日本的な要素をどこにも感じないので、これを「日本の~」と呼ぶのはどこか抵抗があったりして(^^;)。でも、アメリカ丸パクリという傾向じたいが70年代以降にジワジワと浸透した戦後日本の特徴なんでしょうね。戦後生まれの人が大人になり始めたころで、アメリカの文化統治戦略が成果を出し始めたころ。もしこのバンドと同世代だったら、演歌やムード歌謡やグループサウンズやフォークがあふれた日本のシーンで、英米のハードロックやサイケデリックをそのままやるだけでも相当にカッコいい事だったのかも。ロックを演奏出来るというだけでも大喝采、ましてサイケなんてカルチャーショックレベルだったのしれません。仏像っぽいジャケットデザインや「悟り」なんて言葉を使っていかにも日本かアジアを意識させてるのに、そんなの音のどこにもなくて「売る為なら意味なんて関係なしに何でもアリなのかよ」という部分までアメリカっぽいなあと思ったりして(^^;)。でもそれって世代ギャップなんでしょう、こういう先駆者がいなかったら英米の軽音楽の吸収は無かったはずだし、悪い面はあるものの良い面の方が圧倒的に大きかったんでしょうね。そんなわけで、今の時点でこのレコードを楽しむとしたら、黎明期の日本のロック云々じゃなくって、アメリカン・サイケそのものだと思った方が楽しめるかも。そう思えれば、いい米サイケデリック・ロックだと思います(^^)。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

04 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS