心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Chuck Berry / Johnny B.Goode Chuck Berry's golden hits』

CHUCK_BERRY_JOHNNYBgoode.jpg 矢沢永吉やジョニー大倉が在籍した日本のロックンロールバンド「キャロル」を聴く事は、中学生ぐらいの頃の僕の仲間うちではとってもカッコ悪い事でした。洋楽を聴くのがカッコいい事であって、邦楽はダサいという空気感、ましてやジョニー大倉や矢沢永吉なんて音楽じゃなくてヤンキーなファッションじゃん…みたいなかんじ。ところが、ふとしたきっかけで聴いたキャロルの演奏は、とんでもなくカッコ良かった!「スローダウン」をやればビートルズより全然カッコいいし、ジョニー・B・グッドなんてカッコよすぎてしびれまくったのです。ところが、ロックといえばまずはハードロックやメタルという世代だった僕にとって、ロックはさかのぼってもせいぜいビートルズどまり、ましてロックンロールなんて未知の世界もいいところ。でも、ロックにしびれて何でも聴いてみたい年頃だった僕にとって、ロックンロールの創始者チャック・ベリーの音楽を避けて通る理由なんてありませんでした。そんなわけで、近所のレコード屋でこのチャック・ベリーのLPを見つけた時は、即買いでした。なんといってもジョニーBグッドが入ってたし、代表曲もほとんど入っていたんで、ベスト盤だと思ってたんですよ。ここがちょっとミソでして・・・

 いや~、80年代当時でもやっぱり古臭く感じる音楽だったし、キャロルと比べてもヘタクソでしたが、キャロルとはぜんぜん違う意味でのカッコよさがありました!何回も聴いて、聴くたびにだんだんハマっていきました!1曲が短いのでアルバム1枚聴いてもあっという間に終わっちゃうというのもあったと思うんですが(^^;)、もう古いだなんだなんて、音楽には何の関係もないな、みたいな感じ。とくに、エレピが入ってて、これがいい!!「ああ、これがカッコ良さのスパイスなんだな」なんて思ったんです。今でも覚えてるのは「Club Nitty Gritty」という曲が、エレピの演奏を含めて異常にカッコよかった!!でも、エレピときいて「ん?」って思った人もいるんじゃないかと思いますが・・・そう、後にレコードコレクターズの記事で知ったんですが、このアルバム、チャック・ベリー全盛期のチェス・レーベル時代のベスト盤じゃなくって、チャック・ベリー自身のセルフ・カバーの新録だったんです。僕はこの事にまったく気づいてなくて、後にチャック・ベリーのボックスを買った時に、このLPを売っちゃったんです(=_=)。せめて聴いてから売れよ、俺…。そして、しばらくたってからボックスを聴いた時には、「あれ?エレピが入ってないぞ?俺が知ってるあのカッコいい30デイズはこれじゃない!」となったわけですが、もうあとの祭り。他の曲も、大体はこっちのアルバムのバージョンの方がカッコ良かった。けっきょく、このアルバムは今も取り返せてません。というわけで、邪道といわれるかもしれませんが、僕にとってのチャック・ベリーのベストは今もこれなのでした。中古屋で安く見かける事があれば、今でも買い戻したい1枚、出来ればこのジャケットのものが欲しい・・・。

関連記事
スポンサーサイト

Comments
No title 
BACH BACHさん、こんばんはー。
そうでした。キャロルや矢沢永吉なんてヤンキーが聴くもの、かっこいいのは洋楽、ハードロックやへヴィーメタルが一番・・・そういう時代でした。
エレピ入りの“Thirty Days”、めっちゃ聴いてみたくなりなした。
これはぜったい名盤 
goldenblue さん、書き込みありがとうございます!僕は花粉症がきつくって辛いですが、暖かい季節になってきましたね。

そうですね、若い頃ほど偏見だらけの僕でした、知らないくせに決めつけるという(^^;)。知らないから、決めつけないと情報の整理がつかなかったのかも知れません。チャック・ベリーは、「ロックンロールなんて古臭い」という僕の決めつけを吹っ飛ばしてくれたひとりでした。

エレピ入りの「thirty days」に「club nitty gritty」、カッコ良かったです、もう記憶の中にしかありませんが、「back in the USA」のエレピも超ヒップだった記憶が(^^)。ああ、やっぱり買い戻したいなあ。

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS