『Little Richard / Here's Little Richard』

Little Richard heres やばいっす、ロックンロール聴き始めたら止まらない、めっちゃいい、聴いてるだけで元気でる(^^)。。さて、黒人のロックンロールで僕が一番好きなのは、このリトル・リチャード。最初にこのシャウトを聴いた時は本気でぶっ飛びました!!凄かったあああ。。久々に聴いた今でも、やっぱり燃える、レコード聴きながら部屋でシャウトしまくっている僕をネコが変な目で見てるし(^^;)。いや~、リトル・リチャードを聴いたことがない人は、絶対に一度は聴くべきっすよ。

 ロックンロールの大名盤のほまれ高いこのレコードですが、なんといってもアルバム1曲目「トゥッティ・フルッティ」でしょう!ものすごいヴォーカル過ぎて、しかも歌が上手すぎて、笑ってしまいます。理性なんて吹っ飛んでるんじゃないでしょうか、アメリカのロックのブチ切れ具合というのは、もうロックンロールのころには既にあったんだなあ。そして、「whooo」とか「Ahhhhh」みたいなシャウトのカッコよさったらないっす!50年代ロックンロールの名ヴォーカリスト具合でいったら、プレスリーですらこの人にはかなわないんじゃないでしょうか。。あと、このレコードはロックンロールの名曲がめじろ押しというのもポイント高いです。「Slippin and Slidin」、「Long Tall Sally」、「Jenny Jenny」、「Rip It Up」などの大名曲が、このアルバムに入ってます。

 歌がうまくって、しかもものすごいシャウトを聴かせるヴォーカリストとして、ロックンロールどころかロック全体を含めても3本指に入る人なんじゃないかと。理性の吹っ飛んだブチ切れ具合まで入れたらナンバーワンかも。僕にとってのロック・シャウターは、僕はウィルソン・ピケットに出会うまではリトル・リチャードがずっとナンバーワンでした。いや、ウイルソン・ピケットと比べても、リトル・リチャードの方が好きかも(^^)。そうそう、リトル・リチャードはこのレコードと「Little Richard vol.2」という2枚さえ買えば、大体いい曲が全部そろうんですが、今はこの2枚と、ここに入ってないいい曲を全部まとめたCDが出てるみたい。いい時代になったなあ。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド