心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

楽譜『Charlie Parker Omnibook』

CharlieParkerOmnibook.jpg チャーリー・パーカーのソロを勉強する時にお世話になった本です。ジャズの人というのはクラシックみたいに綺麗に演奏してくれないので、聴きにくい微妙な音というのも結構あって、ましてパーカーやコルトレーンというのは演奏が超絶に速いので、聴音が意外と面倒です。聴音もそうですが、それ以上に書いても書いてもどんどん音が出てくるので、だんだんめんどくさくなるんですよね(^^;)。というわけで、有名プレイヤーのソロを研究する場合は、ソロを写した本があるんだったら、買ってきて楽するのも手だと思います。これはチャーリー・パーカーの演奏を拾って楽譜に起こした超便利本です。ちょっと、拾った音が怪しい所もありますが( ̄ー ̄)、1から自分で拾うよりは100倍ぐらい捗ると思います(^^)。

 ジャズの理論書をいっしょうけんめい勉強したけど、演奏が出来るようにならないという人って結構いるとおもいます。ご多分に漏れず、僕もそうでした(゚ω゚*)。けっきょく、ジャズを演奏したいなら、楽理は演奏できる最低限は必要だけど、そこから先は自分の大好きな演奏家の演奏を真似しまくった方がぜんぜん速いという事に気づきました。楽理ってそれだけでは実践的じゃありませんし、演奏してる最中に深く考えてる暇なんてないですからね。そして、自分でカッコいいフレーズを作るのはメッチャ大変ですが、メッチャかっこいいフレーズをコピーするのはそれに比べればぜんぜん楽。僕はピアノですが、ビバップの勉強のためにパーカーのソロは一生懸命研究したものでした。僕がもしジャズのサックス奏者だったら、チャーリー・パーカーとジョン・コルトレーンとエリック・ドルフィーの演奏は絶対に目標にするだろうなあ。この本、C調(青い本)のほか、管楽器奏者のためにE♭(黄色)とB♭(赤)も出てます。もし買う時は、調を間違えないように気をつけて下さいね(^^)。ジャズでサックス吹く人ならマストアイテム


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS