心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Charlie Parker / Now's The Time -the genius of Charlie Parker #3-』

charlie parker nows the time チャーリー・パーカーのレコードで僕が最初に買ったのはこれでした。チャーリー・パーカーが凄いと思って買ったんじゃなくって、モダンジャズという音楽を聴いてみたかった(^^;)。中学生の時、今もある『CDジャーナル』という本で「ジャズ入門者に推薦する最初の30枚」みたいな特集が組まれてまして、その中でこれが「モダンジャズの創始者の代表作」みたいに紹介されてた、というわけ。でも中学生の頃の僕は、このレコードを聴いて、正直あんまりピンと来なかった(;_;)。

 このレコードは、ひとつ前の記事で紹介したサヴォイ・レーベルの時期のチャーリー・パーカーの録音よりちょっと後で、ヴァーブ期の録音です。時代でいうと、「Genius of Charlie Parker」が1945~48年の録音で、こっちは1952~53年。せいぜい5年ぐらいしか空いてないようにも思うんですが、この間にパーカーさんにとって大ダメージになる出来事があったみたい。ドラッグやら酒やらやりたい放題のパーカーは結婚も何回もしてるみたいですが、最後の奥さんとの間にはパーカーが可愛いがりまくった女の子が生まれたのに、この子が肺炎で死んじゃった(;_;)。ここからパーカーは人が変わったみたいになって、ステージに行くと言って家を出たままステージに来ずに楽器も無くなってる、ステージで泥酔、自殺未遂などなど、グッチャグチャ。パーカーは1955年に心不全で死にますが、晩年はドラッグを含め心身ともにボロボロ。パーカーが好きなサックス奏者の友人が、「50年代のパーカーはダメ」といっていたのを覚えてます。
 このアルバムは、そんなボロボロな50年代のパーカーの録音ですが、そういう情報を知った上で改めて聴くと・・・いや~、とてもそんな状態とは思えないっす(^^;)。でも、こういうパーカーの演奏がジャズのサックスの手本となって以降のジャズの歴史が発展していったもので、王道に聴こえちゃうというか、普通に聴こえちゃうところはあるかも(^^;)。あと、パーカーの代名詞の超高速テンポの曲が入ってないので、全体的にまったりして聴こえます。でも、BGMとして聴かずに、パーカーのソロだけをきちんと追って聴くと・・・いや~曲がミドルテンポでもパーカーのソロ自体は16分なんて当たり前にガンガン入ってくるので速度感があるし、かといってアーティキュレーションも見事だし、やっぱりうまいわ。。別テイクとかもいっぱい入ってるので聴いてて多少ダレるかも知れませんが、アルバム最後の2曲「Now's the Time」と「Confirmation」は今も良く演奏されるビバップの大名曲、しかもサックスのアドリブソロは見事としか言いようがないです。ワンホーン(パーカー以外の管楽器奏者の参加がない)、パーカーにしては新しい時代の吹きこみなので録音がいい、共演者がマックス・ローチやハンク・ジョーンズなどの名プレイヤー揃いなんていうあたりが、このアルバムが評価される理由なのかも。ジャズの中でも永遠に語り継がれる天才チャーリー・パーカーが残した最後の好演がこのアルバムなんでしょうね。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS