心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『バリ 彩りのガムラン&ケチャ』

bari_Irodorino gamran kecak バリの音楽といって、ケチャに並んで有名なのがガムランです。ケチャが土着音楽に近いものであるのに対し、ガムランは宮廷音楽に近い音楽です。バリ島のあるインドネシアは、無数の島からなる国で、多くの島にガムランがあり、それぞれに特色があります。ジャワ島のガムランが優雅な、まるで癒しのイージーリスニングのような響きを持っているのに対し、バリのガムランはかなり激しい、ものすごい迫力の巨大アンサンブルです。

 このCDには、1960年代という古い年代の現地録音が大半を占めていて、まだ相当に泥臭かった頃のバリ島のガムランを聴くことが出来ます。これがもの凄い迫力で、バリ島という事からか、ケチャに通じるようなものすごい入れ子細工のアンサンブルが、ものすごい統率力で変幻自在に絡まっていきます。ガムランのオーケストラの主要楽器に、音階を持つ金属製のゴングのようなものがあるんですが、この音階が、今のポップスやジャズやクラシックに慣れた耳からすると、非常に変わった音程感覚で、もしかして西洋の音階にはない音程で作られている気がします。これが大変にエキゾチックな感じで、格好いいです。あの有名な、ギラギラの装飾具をつけて踊るバロン・ダンスのバック・ミュージックのパートも収録されています。バロン・ダンスは生で見たことがあるんですが、私が見たものはかなり優雅な感じのものでした。なるほど、宮廷文化なんだな。

 あと、このCDにはケチャも収録されています。これもまたド迫力なんですが、残念ながら4分ほどの抜粋。これ、フルで聴いてみたかったなあ。



関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS