心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 映画・テレビ・ゲーム > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『サンゲリア』 ルチオ・フルチ監督

sangeria.jpg ゾンゲリアについて書いた以上、サンゲリアを書かないわけにはいきません( ̄w ̄) 。日本タイトルだけみればサスペリアのパクリですが、元々のタイトルはどっちもぜんぜん違います。ちなみに、ホラー系という点は共通してるものの、内容はかなり違います。日本の映画輸入配給会社ってひどいな(^^;)・・・サスペリアがオカルト、ゾンゲリアがサスペンス、そしてこのサンゲリアはゴアとかスプラッターといえばいいのかな?いや~、ホラー映画って、オーメンとサスペリアだけは妙に好きなので、それにつられてけっこう見た時期があるんですよ(^^)。

 ニューヨーク近くの海にヨットが漂着して、その調査にヨットに入った警官が、載っていたゾンビみたいな男に襲われる。そのヨットの持ち主の娘は、行方不明になった父親の安否の確認のため、父親が出かけた先の島まで、新聞記者と一緒に行く。その島ではブードゥー教が・・・。

 この映画は、ゴア系のゾンビ映画。ゴア映画の名作としても、ゾンビ映画の名作としても有名らしいです。けっしてヒット作の2匹目のドジョウを狙っただけのインチキ映画ではないみたい。また、監督のルチオ・フルチさんというイタリア人監督は、「ゴアの帝王」と呼ばれるぐらいに、こっち系では有名人みたい。ゴアというのは、血や肉がとびちるような映画のことで、この映画だと、目に木のとげがグサ~~っと刺さっていくシーンが有名ですが、これを見せるのが映画の目的のように僕には思えます。だって、目に刺さって、眼球が破裂して、気持ち悪くめくれあがって・・・みたいに、こんなシーンばかりやたら丁寧に作られてるんですもん( ̄ii ̄)ハナジ。。僕は、精神的にジワジワと恐怖を感じるような映画はビビりつつも大好きなんですが、物として血や肉が飛び散る映画というのは、もう単純にキモチワルいとおもうだけで苦手。でも、なんでこういうゴアを見たいと思う人が一定数いるのかというところは、興味があるところ。なんとなく、そこには深いものがある気がするんですよね~。ホラー映画好きの友人が言うには、サンゲリアのゴア表現は、ゴアフィルムの中ではソフトな方らしいので、一回ぐらいはそういうものも見てみたいと思う人が見るには、名作といわれてる映画みたいなので悪くないかも。、あと、ゾンビ映画が好きという人には、避けては通れない古典なのかも知れません。でも、僕はもういいや(^^;)。。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS