心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Charlie Parker / On Dial Completed』

CahrliParkerDialComplete.jpg チャーリー・パーカーはダイアル、サヴォイ、ヴァーブという3つのレーベルに録音を残してますが、一番古いのがダイアルでの吹き込み。10インチ盤全盛のころなので、LPやCD時代になると収録時間の都合なんかから再編集されることになって、これで色んな編集がいっぱい出てきて、どうやって聴いたら良いかがよく分からない事態に(;_;)。音大生の頃の僕も混乱しました。LP時代でいちばんいいのは1から7までナンバリングされた全集を買う事だったんでしょうが、それだと何番が一番いいのかとか、買い始めたら結局全部買う羽目になるんだろうけどそれは嫌だなとか、ダイアルのセッションが一番古いから一番音が悪いだろうから後にすべきなんじゃなかろうかとか、ジャケットがあまりに古臭くって購買意欲が削がれたとか(^^;)、色々考えたもんでした。結局、ジャズバンドで一緒になって仲良くしていただいたアルトサックスの先輩ミュージシャンから、7枚ばら売りの完全盤のなかの1枚を聴かせてもらったのが最初。録音こそモノラルでしたが、意外と音がつぶれてなかったのは驚きで、しかもウッドベースもちゃんと聴こえるバランスの良さにビックリ。

 これはダイアルの録音を全部収録したCD4枚組。中古なら、今はそんなに高くないみたいなので、よく分からないんだったらこれを買っちゃうのが確実かも。僕はそのクチで、先輩から聴かせて貰った1枚が良かったので、「これは全部聴くべきだな」と思ってゲットしたのでした。4枚組のCDとかって、買った後に家に持って帰る時のワクワク感がスゴイですよね(^^)。演奏は、初期パーカーだからまだ発展途上・・・という事は全然なくって、完成されてます。完璧です。いや~これはすごいわ。。よく、「チャーリー・パーカーの演奏はムズカシイ」「よくわからない」なんて言われますが、音楽そのものはいかにもエンターテイメントなジャズなので、難しいという事はまったくないです。むしろ、アドリブの肥大したハード・バップ以降のモダンジャズよりはよっぽど親しみやすい音楽だと思います。じゃあ、なんで昔の日本のジャズ評論家たちが口をそろえてそう言ったかというと、ジャズ喫茶文化に生きていたモダンジャズの日本のリスナー特有の「ソロをエラそうに語るために聴く」みたいな視点で聴くと、とってもシステマチックだから、歌うより先にバカテクが前面に来る時があって「何を考えてこういうソロをしてるんだろう」と思っちゃうんじゃないかと思うんですよね。それは、メロディを口ずさむように歌い上げるタイプのアドリブ演奏とは違います。僕的には、パーカーの演奏はすごく歌ってると思いますが、同時にジャズでのアドリブのシステムを完成させたパイオニアという側面もあって、時としてこのシステムの中でどれだけ高速に演奏できるか、というところに行く時もたしかにあります。ここが評論家さんを困惑させると同時に、ジャズマンたちをいまだに熱狂させ続けてるんだと思います。「チュニジアの夜」のオープンパート頭で無伴奏で一気に吹き倒すところがあるんですが、ビバップでよく聞かれるこういう所でもあまりにすごくって「うわ、すげええええ」ってなっちゃいます。暗いキャバレーで演奏していた天才が、レコードを通じて世界的有名になる事になったのが、このダイアル録音なんだと思います。ジャズ好きな人なら、マストです!!

関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS