『Nina Simone / Little Girl Blue -Jazz As Played In An Exclusive Side Street Club-』

NinaSimone_LittleGirlBlue.jpg ひとつぐらい、ジャズ色が強かった時代のニーナ・シモンさんのアルバムを取りあげておこう、そうしよう(^^)。1958年発表のデビュー盤です。レーベルがベツレヘムという事もあり、この前まで紹介していたフィリップス盤と比べるとかなりジャズです。シモンさんがピアノ&ヴォーカル、それにウッドベースとジャズドラムがバックにつきます。ジャズの弾き語りヴォーカリストとして聴くなら、このレコードがいちばんいいかも。「Love Me Or Leave Me」なんて、ビブラートのかけ方が思いっきりジャズ、しかもメッチャうまいです。日本に綾戸智恵さんというピアノ弾き語りのジャズヴォーカリストさんがいますが、絶対このアルバムを聴いてると思う。

 ただ、ジャズという縛りがあるからか、けっこうジャズの枠にガッツリはまってる感じで、曲も表現もジャズのTPOからはみださないです。これをどう思うかは聴く人次第かも。スタンダードとメインストリーム以外はジャズじゃない、みたいな吉祥寺かどこかのジャズ喫茶のマスターみたいな人にとっては、最高の一枚かも。でも、以降のボーダーレスにディープな世界を突き進んだニーナさんのアルバムを知っていると、無難にまとめたようにも聴こえたりして(^^;)。

 ベツレヘムという真っ黒なジャズレーベルからも作品を出し、フィリップスやRCAにも籍を置いたというのが、そのままこの人の音楽のすそ野の広さをあらわしていると思います。「Little Girl Blue」といえば僕はジャニス・ジョプリンの感情こもりまくりのあれが大好きですが、このアルバムのニーナさんの抑えた表現もしびれます。 あと、「Good Bait」の黒っぽいピアノ演奏は、マル・ウォルドロンとかビリー・ホリデイあたりの黒いジャズブルースに繋がる独特の深さがあって、思わず引き込まれました。あ、そうそう、この人のピアノ、クラシックも学んでる気がします。ジャズや黒人教会系の音楽だけやってたら、こんな対位法的なアレンジなんか出来ない。どうしても高速プレイとか派手な所に目がいってしまいがちですが、こういう渋い所で職人技が出来るというのが、実はいいミュージシャンなんだと僕は思ってます(^^)。というわけで、ジャズ方面のニーナ・シモンを聴くなら、これが一番ジャズっぽいアルバムだと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド