FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 3  Trackback: 0  

『AC/DC / Back in Black』

ACDC Back in Black 1枚しか持ってない80年前後のロックバンドのアルバム、次はAC/DC!というか、いつか聞いてみたいと思っていたバンドのレコードが家にあったもんでビックリしました、買った覚えも聴いた覚えもないんですが…きっと誰かが置いてったんだな(^^)。80年発表みたいです!
 AC/DCはオーストラリアのロックバンド。もともとはスコットランドに住んでいたメンバーが中心みたい。エイトビートで、ドラムは「ズンッダッ」、ギターはコードを押さえてジャ~ン、ベースはルートをボンボン…だ、だめだ、単純すぎて耐えきれん_| ̄|○。おっさんになってから初体験するようなもんじゃなかった。

 これまた1枚しか聴いてないので何とも言えないんですが、AC/DCって他のアルバムもこんな普通のロックなんでしょうか。イメージだと、もっと過激なバンドかと思ってました。でもだいたい、ジューダス・プリーストエアロスミスもAC/DCも合わないんだから、もう僕自体がこのへんのロックとそりが合わなかったとしか言いようがないのかも。いやいや、純粋に音楽的に見ても、このへんのバンドがクリームクリムゾンサンタナMC5よりすごい事やってるとはお世辞にも言えないですよね。まして、ロック以外の音楽も聞くようになっていたら…そういう意味では、僕はこのバンドを聴く時期を逃したんでしょうね。僕はウルトラマンが大好きですが、それって子供のころに見てその良さを受け入れられたから、大人になってもその良さを理解できるんでしょうね。もし、僕がはじめてウルトラマンを観たのが大人になってからだったら、良い部分を理解するより先に「怪獣かよ…」と切り捨てるんじゃないかと。実際、子どものころに観たウルトラマンは今でもものすごい好きなくせに、自分が大人になってから制作されたウルトラマンはまったく受け入れられないですし。AC/DCやジューダス・プリーストも、初体験がもう少し若いころだったら…。

 でも、こういうのを楽しめるって、幸福な事なのかも。80~90年代のロックバンドって、60~70年代みたいに暴発したり疾走したり音楽を追及したりしないで、はみ出さない所で健全で明るく演奏するバンドが多いですよね。ライブも、客席も物騒じゃなくって、まるでスポーツ観戦みたいに和気あいあいと楽しんでる、みたいな。プロレスでいうと、猪木や前田の切った張ったの世界じゃなくって、大らかな馬場の16文キックを楽しむ、みたいな。ロックの球場ライブなんて、音楽どうこうより、あの雰囲気だけで楽しいですし(^^)。僕には合いませんでしたが、ビール呑んでホットドッグ食べながら観るスポーツ観戦みたいにこういうロックを楽しむ事が出来るのなら、それはとっても幸せな事なのかも(^^)。

関連記事
スポンサーサイト

Comments
その通りかもです 
大人になってから聴いてもっていうのはよくわかりますね。ましてや、言っちゃなんですが音楽的にも何の深みもないですからね(私はそれが好きですが)
そういう意味では次のアルバムからですが、あの時代にAC/DCに出会えて私は幸せです
Re: その通りかもです 
ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!

うわあ、AC/DC も次のアルバムからが面白いんですか。このへんの感がめっちゃ悪いですね、私。
そういえば、「おみくじで凶を引く才能がある」と言われた事があります(^^;)。
でも、僕が次にAC/DCを聴くのはいつのことになるやら…ボネ太郎さんの記事に期待してます!

でもなんとなくですが、CDで聴いてもあれでしたが、若いころにライブで聴いたら「いい!」って思いそうなバンドの気はしました。
わかりにくい言い方でした、 
このアルバムは、AC/DCとしては傑作です。私も大好きです。私が初めて買ったのが次のアルバムです。
シンプルイズベストというアルバムです。ちなみに私はこのアルバムのプロデューサーの作るドラムサウンドが大好きです

10 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS