映画『血の魔術師 THE WIZARD OF GORE』 ハーシェル・ゴードン・ルイス監督

ChinoMajyutusi.jpg 音楽のブログなのになぜかホラー映画特集になってますが、気にせず進もう。連休中に、妻とギャーギャー悲鳴をあげながらホラー映画をたくさん観てたもので、忘れる前に書いておきたいんです(^^;)。最初に観たのがゾンゲリアだったのが運の尽き、もし最初にみたのが「男と女」だったら恋愛映画特集にできたのに(゚∀゚*)…。。
 ひとつ前の日記で書いた『2000人の狂人』のハーシェル・ゴードン・ルイス監督が作った映画の中で、印象に残っているものをもうひとつ。『血の魔術師』です!1970年というわけで、けっこう古いですが、これがひき込まれます(^^)。。

 ギロチンで首を切り落としたり、人の内臓をえぐり取ったりするエグい手品を見世物にしている魔術師モンタグ。しかし、彼のマジックショーのあと、ショーで実験台になった人々が同じ死に方をする。その事に気づいたテレビ局の人と新聞記者は彼にテレビ番組への出演を呼びかけ…

 ストーリーは、子供のナゾナゾみたいにすごく単純。でもナゾナゾと同じで、答えを言われれば簡単だしくだらないとも思うんだけど、見ている間はその答えが分かりません。そんな感じで、単純ながら最後までひきつけられました。で、ですね、問題のゴアシーンです。首が飛ぶシーンとかは思いっきりオモチャでチープすぎて笑っちゃうんですが、脈打つ臓器がグチャグチャと飛びだすところだけは異常にリアル。なんで臓器だけこんなにリアルに作るんだと思って調べてみると、これ、作り物じゃなくって本当の動物の心臓らしいです。そりゃエグイって(=_=)。。ビビらせようと演出に一生懸命の映画と違って、サラッと常軌を逸してるかんじが強烈でした(。-ω-))。。本物の内臓ドバドバとか、映画を撮るために生き物を殺生したのなら、それはやっちゃいけない事だと思うんですが、逆にいうとやっちゃいけないから、今となってはもう作れない種類の映画で、過去に撮影されたものを見るしかありません。そういう意味でも、貴重な映画かも。

 ハーシェル・ゴードン・ルイス監督は、はじめて内臓ドバドバみたいな描写をした映画を作ったので「ゴアのゴッドファーザー」って呼ばれてるそうです。映画も音楽も、昔はいろんなのがあったんだなあ。それが、時代が進むにつれて、たくさんの人が買うようなものを優先するあまり、ひとつひとつの出来不出来のばらつきはなくなったけど、同じようなものばかりになっちゃった、みたいな。ゴア映画を楽しむというのも変なハナシですが(^^;)、この監督が作る映画は、普通の映画では見れないような独特な魅力があります。ハナシも特撮もチープなんだけど、今の映画にはない、見世物小屋のような人の興味をひく独特の何かがあります。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド