『Aerosmith / Rocks』

AerosmithRocks.jpg KISSが爽快だったので、勢いに乗ってアメリカのロックの棚をこのまま聴き進める事にしよう、そうしよう(^^)。お、こんなの持ってたっけ?有名なのにあんまり聴かないまま通り過ぎてしまったロックバンドです。むかしから疑問なんですが、このスペルでエアロスミスって読むんですね、英語って難しいな。。自分で買った記憶も聴きこんだ記憶もないので、たぶん中学生の時に誰かがうちに忘れていったんだと思います。記憶にある人は申し出てくださいね(^^)。76年のアルバム。

 少しだけ曲に工夫があるけど、基本的にスリーコード・ロックンロールなバンドでした。エアロスミスを含め、この時代のこの手のバンドって、音楽は単純だし演奏も残念な事が多いので、若い頃もあんまり聴いてませんでした。それにしてもちょっとこれは・・・(^^;)。ヴォーカルはぜんぜん声が抜けずに喉だけで歌ってる、ドラムは盛り上げたい所でもリズムキープしか打てずコンビネーションショットになるフィルとなるとほぼ打てない…。盛り上がる所で、ギターを「フィ~ン」みたいにフィードバックさせてそれをいっぱいオーバーダビングするって、恥ずかしい気が…。。まあそういうのはともかく、演奏にノリやキレがないっす、単純に練習不足なんじゃないかと。いや~、スリーコードでも演奏がキレッキレならいくらでもカッコよくなるZZトップみたいな見本もあるんだから、見習ってほしいなあ。

 とはいえ、別のアルバムを聴くと、これが実力じゃない気がするので、色々理由があって練習やリハが間に合わなかったんじゃないかなあ。でも、時間かけずにチャッチャと作るなら、演奏や作曲のプロじゃないロックミュージシャンよりも、本当のプロミュージシャンが作るポップスの方がいいものが出来るのは当然で、70年代後半から80年代あたりの洋楽がロックよりポップス優位になったのは、このへんに理由があるのかも。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

70年代エアロ

苦手というか、魅力を感じない私。
いい曲というつまらない曲の差が激しい過ぎるのと、つまらないの方が多いから。
ノリでドンみたいなバンドはダメなんです。だから80年代エアロは作曲職人入ってるから好き

Re: 70年代エアロ

ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!

いや~、このアルバムだけで決めつけるわけにはいかないとは思うんですが、このアルバムだけでいえば、僕もちょっとアレですね。好き嫌いは人それぞれだとは思いますが、好き嫌いじゃない所だけ見ても、さすがにまずい所がありますぎる気がしちゃいます(・ω・)。


プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド