心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: --  

『YELLOW MAGIC ORCHESTRA / ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』

YMO_SlidState.jpg YMOが大流行した頃、僕は小学生。まだウルトラマンとかドラえもんに夢中になっていておかしくない年齢でした。そんな中で、一部の男友達の中で、YMOが大流行。レコードからカセットにダビングして、出回りまくりでした。多分、お兄ちゃんがいる子供たちの中で広まったんじゃないかと思うのです。
 5歳以上齢の離れた兄がいる子って、マセるじゃないですか。あれって、兄の世代の文化から影響を受けてると思うんですよ。他の子供たちがドラえもんの映画を見に行っているときに、年の離れたお兄ちゃんのいる子供は、マッドマックスとか、猿の惑星とか、燃えよドラゴンの話をしている。他の子がドリフのコントを見て笑っているときに、お兄ちゃんのいる子は深夜のラジオ番組のツービートの毒舌漫才の話をしている。…そんな年齢で、深夜放送のラジオなんて聴けるわけないんですから、これは絶対にお兄ちゃん世代の文化の影響だと思うんですよね。YMOは、そういったものの象徴的な音楽として聴いていた気がします。お兄ちゃん世代の文化への憧れみたいなものも少し入っているというか。

 それでも、いいと思うから流行するんだと思います。YMOは、小学生が聴いても、分かり易く、ポップで、格好良かった。今ではちょっとニュアンスが違うかもしれませんが、当時はシンセサイザーという楽器が、ポピュラー音楽に入り込んできた最初の頃だと思います。シンセサイザーが、新しくって、格好いい楽器に映っていたんですよね。そのシンセ・サウンドだけで、ポップな音楽をインストで演奏するバンド…これはもういずれ登場する事になる音楽というか、時代の必然みたいな感じだったんじゃないでしょうか。もうコンセプト自体で勝ちが決定したようなものです。

でも最初は、YMOというより、スネークマン・ショーが流行っていたのですけどね(*゚∀゚)。



関連記事
スポンサーサイト

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS