『George Russell Sextet / at Beethoven Hall』

George Russell Sextet at Beethoven Hall ジャズが好きなら聴いてないなんて許されないほどの大傑作です!超すばらし~、ぜったい聴くべきです!!
 ジャズ好きだけど音楽の事はあまり知らない人が始めたインディーズレーベルとか、予算も出すけど口も出すという大資本の入ったレコード会社なんかだと、本当にクリエイティブなジャズはなかなか聴く事ができません。「あんまり難しい事しないで」とか「もっと普通のジャズも入れて」みたいな要求が飛んできて、無難な事をさせられちゃってるみたいに聴こえて仕方ないときが多いんですよね。。その点、音楽に理解があったり「あ、これは音楽を知ってるな」みたいなディレクターを抱えてる場合の小規模レーベルは、めっちゃセンスのいいカタログを作る時があります。MPSというレーベルは、小さいながらもそんな印象を受けるところで、買おうかどうしようか迷った時にレーベルがMPSだと「あ、大丈夫だ」な~んて思っちゃたりします。ジョージ・ラッセルのこの1枚も例外じゃなくって、RIVERSIDEみたいに「もうちょっと分かりやすくして」みたいにステレオタイプに近づけさせられる(?)事もなく、とってもクリエイティブなジョージ・ラッセルの実力全開の音楽を聴く事ができます!!いや~、『Jazz in the Space Age』とこの『at Beethoven Hall』の2つは、ジョージ・ラッセル最高傑作じゃないかなあ(^^)。。
 有名曲のアレンジ物が多いんですが、アンサンブルの絡みの妙もとんでもなく良く出来ています。しかし本当にスゴイのはその先で、とっても自由な「リディアン・クロマチック・コンセプト」という方法を使ってかなり自由度の高いソロと独特な和音を鳴らしてるので、響きがぜんぜん違う!いや~、これはシステムがスゴイというよりも、アウトゴーイングを選びやすくしているシステムのうちで、それを選んで演奏出来ちゃってるラッセルさんのピアノがスゴイんでしょうね。これは一聴の価値ありです!!聴いているだけでゾクゾク来ちゃいました(^^)。このレコード、ジャズの果たした大仕事のひとつじゃないでしょうか、ジャズファンなら絶対に聴くべき!もともとはLPで2枚に分売されていたものをCD1枚にまとめているし、音もCDはメッチャクチャ良くなってるので、手に入るならCDがおススメです!!あ、そうそう、上に載せたジャケットのものはドイツでのCD再発もので、今ではプレミア。僕は幸運にもこれを持ってるんですが(狙ったわけではなくある時期はこれしか手に入らなかった^^;)、モノトーンの方がオリジナルのジャケットです。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド