FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『VOW WOW / Ⅲ』

vow wow 3 メタルとか日本とか思って軽く見たら痛い目にあうほどカッコいいバンドVOW WOW、僕的には『V』が最高だと思ってますが、ネットを眺めてみると世間的にはこの『Ⅲ』が最高傑作という事になってるみたいです。そんでもって聴いてみたら・・・おお~~たしかにカッコいい!!これは評価されるわけですね、いい(^^)。。

 この『Ⅲ』と『V』のあいだにある差は、大きく見ればちょっとだと思います。でも、ロックという狭い目で見ると、その差はけっこう大きいのかも。『Ⅲ』のほうが曲もアレンジも音も普通にロックです。メタルやハードロックを特に愛してるという人の視点に立てば、こっちに一票入れたくなるかも。『V』だとシンセも入ってくるし他の要素もけっこう入ってくるので、それが軟弱に見える可能性はあるかも。でも、色んな音楽を俯瞰する視点に立つと、『V』に一票入れたくなる人が多いんじゃないかなあ。『Ⅲ』だと典型的なHR/HMに近いんですよね。というわけで、ハードロック/ヘヴィーメタルにリスペクトがある人なら名盤に聴こえる1枚なんじゃないかと。あ、でも、それは比較すればの話であって、どっちもカッコいい(^ω^)v。

 あと、ぜんぜん別の話ですが…VOW WOW のカッコよさって、音楽だけでなくミュージシャン自体でもあるんじゃないかという気がします。ミュージシャンって、ちょっとオタクっぽく感じる時ってありませんか?まったくの印象でしかないんですけど、ロックやってても、「こいつら学校では運動音痴で、しかも教室の端っこで小さい声で話してたんだろうな」みたいに思えてしまうと、僕はどうしてもリスペクト出来ない(^^;)。不倫で話題になったゲスなんちゃらとかいうグループとか、僕的には顔見ただけでヘタレっぽくてNG、尊敬できない(^^;)。。音楽だけでなく、人自体をカッコよく思えるかどうかって大きいと思うんですよね。その点、昔書いたMAD CAPSULE MARKET'S とかVOW WOW とかは、実際にあっても気持ちよくてカッコいい人じゃないかなあって気がするんですよね。クラスメイトでもちょっと尊敬を覚えるというか。いや、これはなんの根拠もない、まったくの僕の想像なんですが(^^;)。う~ん、なんにせよ、VOW WOW はかっこいい。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments
同感っす 
「『Ⅲ』のほうが曲もアレンジも音も普通にロック
~『V』だとシンセも入ってくるし他の要素もけっこう入ってくるの」ってとこ。
『Ⅴ』はジョン・ウェットン絡んでいるから、しゃーないっすよね。
(当時友人に「エイジアじゃねーか、ちょっとSeparate Ways混ぜた・・・」と言われて、「それがいいんだよ!」と言ったら、同意してくれました。)
「どっちもいいから、どっちもお薦め、今日はどっちが聞きたい?」ってことで。名盤は名盤。
Re: 同感っす 
地味JAM尊さま、
そうですよね、これはどっちが上とか下とかじゃなくって、色の違い、好みの問題ですよね。どっちもいい!

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS