心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

映画『人間の証明』

Ningennoshoumei.jpg フラワー・トラべリン・バンドでヴォーカルだったジョー山中さんですが、僕にとっては俳優の印象の方が強いです。歌が僕にはイマイチわからなかったというのもあるんですが、それ以上に子供のころに夢中で見てた「探偵物語」や、この映画での役者としての印象が強いんですよね。セリフは棒読みくさいんですが(^^;)、なにかを感じる俳優さんでした。

 映画『人間の証明』は、77年の邦画。音楽は大野雄二さんで、この時代の映画やテレビでジャズっぽい劇音楽といったら、もう大野さんか深町純さんのどちらかという感じ。映画の方は…まあ、角川映画なので、クオリティは推して知るべし(^^;)。ストーリーは、ニューヨークのハーレムで貧しく生きていた男(ジョー山中)が、父が悪事で得た金を使って日本に来たのはいいけどすぐに刺殺されちゃって、その犯人を追っていくという刑事推理もの。

 角川映画って、クオリティはともかく面白いものがちょくちょくあるんですが、この映画はもう一歩だったかな(^^;)。。冒頭にファッションショーのシーンが4分ぐらい続くんですが、ストーリ-上大きな意味を持たないこういうシーンにこんなに長い尺が必要なのかなあ。カメラや美術照明も、みんな影も角度もつけずに正面から狙って、フォーカスや構図もほんとに無頓着で、絵がかなりダメ…。いろんなところが、映画じゃなくてテレビドラマぐらいのレベルに感じました。でも今の邦画って、テレビ局が作るものも増えたし、その先駆けっぽいと言えばぽいのかな?
 ストーリーはまあまあ楽しかったです。最初30分は本当につまらなくってどうしようかと思ったんですが(^^;)、事件の謎にせまる中盤から終盤はそこそこ面白かった!でも、終盤でまたしても無意味に長いファッションショーのシーンが(ノω=;)ヤメテクレ。。もし市川崑さんとか、映画づくりのプロの人がメガホンをとって、いいカメラマンや美術スタッフを揃えられて作れたら、3倍は面白くできたかも。あと、ストーリー以外で個人的に面白かったのは、70年代後半のNYが実際に見られた事、特にNYのハーレムが見られた事(当時のここはアフリカ系アメリカ人以外が入っちゃいけないな^^;)、夏八木勲さんの愛人役の范文雀さんが美人だった事。大好きな俳優の松田優作さんには期待大だったんですが、この映画ばかりはミスキャストだったかも。演技がカッコつけすぎというか、いつもの殺し屋役とか探偵役とかだったらこれでピタッとはまったのかも知れませんが、警視庁特別対策チームの50人ぐらいのチームの下っ端刑事が偉そうにカッコつけてると、さすがに違和感を覚えてしまいました(^^;)。優作さん、アウトサイダーでない役は、どうもしっくりこない。きっと、本当にアウトサイダーだったんでしょうね(^^;)。

関連記事
スポンサーサイト

Comments
2017年も押し迫ってきたこのタイミングで 
范文雀の名を目にするとは・・・美人っすよね。
Re: 2017年も押し迫ってきたこのタイミングで 
地味JAM尊 さん、書き込みありがとうございます!

范文雀さん、僕は「プレイガール」や「サインはV」ではそれほどとも思わなかったのですが、「人間の証明」から「探偵物語」のゲスト回あたりまでは奇跡的な美しさだと思います(^^)。

自分はGメン’75と影同心の再放送です 
もう亡くなられてるんですよね・・・
bachbachさんのblog見てると
スゲー昔の人でも美人って存在してたんだ~っと
当たり前のことに気づかされますね。

音楽系blogなのに目の保養!
Re: 自分はGメン’75と影同心の再放送です 
ああ、Gメンにも出てたらしいですね。僕はGメンはあまり見ていなかったもので、未チェックです。
影同心!いや~、そういう時代劇、ありましたね。言われるまで忘れていましたが、あれは面白かったです(^^)。

04 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS