『Don Johnson / Heart Beat』

DonJohnson_HeartBeat.jpg 河合奈保子さんのアルバムを聴いてたら、なぜかドン・ジョンソンのアルバムを思い出してしまいました(^^;)。どっちもプロのヴォーカリストじゃなくてテレビタレントというところと、80年代の西海岸サウンドという所で、僕の中でつながってしまったのかも(^^;)。ドン・ジョンソンといえば何はともあれテレビドラマ「マイアミバイス」のソニー役ですが、実は役者デビュー前はロックバンドでヴォーカルをやってたそうで、イーグルスとかともつるんでいたそうです。

 とはいえ、歌はうまくないっす(^^;)。いいのは、曲と80年代のアメリカ西海岸のサウンドメイク!これが本当にいいです。特に曲は、タレントもののアルバムでいい加減に作ったとはまったく思えないぐらいに良い曲がずらり!曲は大サビで転調、そのままギターソロに突入して3コーラス目で元キーに戻すというのがこれでもかというほど流行してたのが分かります。音でいえば、ギターはコーラスとかディレイとかデジタルっぽいエフェクターをゴッソリかけてキラキラ、ドラムなんか元音が分からないぐらいにゲートかけてリヴァーブで「スッパ~ン」(^^;)、でもこれがいい。。いまこれを聴いてカッコいいと思うかどうかは人それぞれでしょうが、僕にとってはこの人間くささを消して機械っぽいところが、どろくさい70年代にはなくって、うかれて海岸沿いの綺麗なお店でデートしたりするのが本当にさまになっていた80年代とダブるんですよね。だんだんわかってきましたが、僕にとっての80年代って、音楽もファッションも建築も価値観もライフスタイルも、当時のアメリカ西海岸の文化の事なんじゃないかと。たしかに、当時の日本は恥ずかしいぐらいに完全にアメリカの物真似でした(^^;)。それは今もけっこうそうですけどね、でもなんでもアメリカオッケーという80年代の風潮はこの後に来る湾岸戦争で切れた気がします。だから、日本の80年代は幻の10年。音楽好きな人であればあるほど見向きもしなさそうなアルバムですが、実は80年代の産業ロックの名作のひとつじゃないかと。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

80年代のアメリカ西海岸

80年代、アメリカ西海岸と聞いて出てきました。
このアルバムはまったく聞いたことがなかったので、早速、YouTubeしました。
ポパイに紹介された、車でしかいけない湘南のロードサイドに新装開店したお店のBGMですね。あの時代だ。

ドン・ジョンソンて何者と思ったら、テレビドラマ「マイアミバイス」のソニー役でしたか。この時代のアメリカ文化には、なんらか影響を受けてますね。
いまだに、アメリカ西海岸は特別ですから。(笑)

YouTubeで聞いていると、就職直後の独身時代を思い出してしまって、なかなか曲に入り込めませんでした。

Re: 80年代のアメリカ西海岸

AKIさん、書き込みありがとうございます!

そうですそうです、湘南にあるパステルカラーのシーフードレストランやプールバーの時代です。少し前にAKIさんがブログで書いていらっしゃったサンフランシスコの日記を読んだ時に、「あ、80年代に日本が真似しようとしてた文化だ」って思っちゃいました(^^)。

では、こちらにも(笑)

このアルバムいいですよね。なにがいいって、曲自体がいいってこと。
これに関しては何十年代だろうと、どんな音だろうと、曲自体がどうかですからね。たいしたことのないドン ジョンソンの歌も味の一つ。
それにしても急にドン ジョンソンはびっくりしましたよ!
ああ、懐かしき80年代

Re: では、こちらにも(笑)

ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!

このアルバム、本当に曲がいいですよね。制作チームがプロ揃いだったんだと思います。
それにしても、ドン・ジョンソンは当時「アメリカでいちばんセクシーな男」といわれてたのに、なんでジャケットに写真を使わず絵にしたんでしょうね。しかもこの絵が微妙(^^;)。
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド