FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Beach Boys / Smiley Smile』

BeachBoysSmileySmile.jpg ペット・サウンズの次に発表されたビーチ・ボーイズ最大の傑作&問題作。ペット・サウンズのさらに上をいく完成度、同時にペット・サウンズどころではない病んだアルバムに仕上がってます(^^;)。大名曲「グッド・バイブレーション」が入ってますが、健全なのはその1曲だけです。ポップスなんだけどとにかくキモチ悪い、さわやかに始まる1曲目も、途中で「あら?…」となるし、3曲目「FALL BREAMS AND BACK TO WINTER」は完全に病気、4曲目でやっとまともになったと思ったらだんだんテーブの回転速度が上がって、いきなりナレーションが飛び込んできて…もう、精神分裂症の人が描いた絵みたい。まともな人が一生けんめい恐く作ろうとするデスメタルより、危ない人が能天気に作ったポップスの方がコワいんだな…。

 この頃のビーチボーイズって、作曲&ボーカルのブライアン・ウイルソンがノイローゼで精神病院通い、人を悪魔呼ばわり、奇行も目立っていたそうです。でもですね、そこまでノイローゼになるのも、「完成度の高いものを作る」というプロ魂があったからで、実際にみごとな完成度、モノを作る人ならこの細部にまでこだわるところはみんな見習うべきレベルかも。突きつめてこそプロですよね(^^)。そしてこの後、ブライアン・ウイルソンさんは精神がライブに参加できるレベルではなくなってしまい、メンバーとも音楽の内容とかで食い違い(そりゃそうか)、ビーチボーイズの歴史はこのへんで一段落。完成度の高さだけじゃなくって、精神疾病のある人がイメージする音楽がどういうものかが分かるという意味でも、ものすごく価値あるレコードなんじゃないかと。


関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS