心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Jeff Beck / There and Back』

Jeff Beck There and Back 僕はずっと、「ジャズの人がロックっぽい事をやったフュージョンはイマイチ、でもロックの人がジャズを取り入れたフュージョンはカッコいい」と思ってました。でも、最近それがあやまった理論だったことに気づいてしまいました。単にジェフ・ベックが好きだっただけという事に気づいたのです(^^;)。そんなジェフ・ベックのアルバムの中で、いちばん好きなのがこれ、『ゼア・アンド・バック』です!1980年のレコードです。

 このアルバムとの出会いはとっても不純で、新日本プロレスの次期シリーズ来日外国人の紹介VTRの時に流れる曲が、このアルバムの1曲目「STAR CYCLE」だったから(^^;)>。小4ぐらいだったかな、これがメッチャクチャカッコよくって、テレビ朝日に連絡して曲名をきいたのでした。インストロックに目覚めたきっかけは、子供のころに夢中になってみていたプロレスラーの入場テーマだったという(^^;)>。ピンクフロイドの「吹けよ風、呼べよ嵐」を知ったのはブッチャーの入場テーマ、レッドツェッペリンの「移民の歌」はブロディ、キャメルの「キャプチュード」は前田日明さん(怖くて呼び捨てできない^^;)、ファンクスは日本のクリエイション…などなど。その中でも群を抜いてカッコいいと思った曲が、ジェフ・ベックでした。テレビ局に電話してアーティスト名と曲名を知った僕は、今度はレコード屋でその曲の入ったアルバムをレコード屋のオッチャンにたずねて買って、ダッシュで家に帰った!!そして…いや~メッチャクチャに感動しました。カルチャーショックといっていいレベル、その日に何度聴いた事か、ふっとばされたような感覚でしたね~。まず、こういう音楽で歌が入ってない事にまず驚き。そして、ギターやキーボードのものすごいカッコいい演奏に驚き。こういう音楽があるという事を知った感動。というわけで、さすがに子供なので子供なみの感想しかなかったわけですが、いま聴いてもメッチャかっこいい。曲も、「スターサイクル」以外もいい曲だらけ、しかもバラエティに富んでます。
 今きいて思うのは、まず演奏と曲想がぴったり一致してる事。ジェフ・ベックって、普通のロックバンドみたいなのもやったりしてますが、スリーコード的な音楽や、あるいは8ビート系ロックだったりすると、こういう縦横無尽なアイデアではギターを弾けなかったんじゃないかと思うんですよね。そこでちょっとビックリするのは…色々な音楽をやりながらようやくフュージョンっぽいインストロックにたどりついたジェフ・ベックは、以降この路線まっしぐらになるわけですが、じゃあこの路線で誰が曲を書いてるかというと、ジェフ・ベックじゃなかったりする(^^;)。でも、「ジェフ・ベックっぽい曲」ってあるじゃないですか。そこがすごいと思います。というわけで、陰の主役はヤン・ハマーなんでしょうが、やっぱりそれをものにしてるのはジェフ・ベックなんだと思います…。

 これはムッチャクチャにカッコいい、ロックやフュージョンが好きな人は、ぜったいに聞き逃してはいけない超名盤だと思います!!

関連記事
スポンサーサイト

Comments
新日の次期シリーズ来日レスラー紹介時のBGM… 
よく覚えてますね~( ´艸`)
自分も御多分に漏れず、プロレスラー入場曲で歌手名やら曲名やらを
覚えた口ですが、TV局に電話するほどのパワーはなかったな~。
フリーバーズの「freebird」はいつもサビに行く前に終わってしまい
悲しかったです。
Re: 新日の次期シリーズ来日レスラー紹介時のBGM… 
地味JAM尊 さま、書き込みありがとうございます!

いや~、それぐらいカッコよかったんです、ジェフ・ベックのスターサイクル!というか、イントロのヤン・ハマーのキーボードのリフの時点ですでにヤバいです、あんなの流れたら次期シリーズに行きたくなっちゃいますよね(^^)。というか、僕はそれでブラッディ―ファイトシリーズに行ってしまいました。。

フリーバードって、もしかしてレイナード・スキナードのあれですか?ひたすら盛り上がっていくあれですよね?あれは最後まで聴かないと(^^)。レイナード・スキナードも大好きなので、いつか書きたいです。

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS