FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 未分類   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

キング・クリムゾンが21枚組CDボックスを出す!

SailorsTales1970-1972.jpg キング・クリムゾンがすごいボックスセットを出します!
https://www.dgmlive.com/news/27%20Disc%20Boxed%20Set%20Pre-order

1970-1972年の間のスタジオとライブ音源。21CD、4BD、2DVDだそうです(・ω・ノ)ノヒョエ~。。70年から72年というと、アルバムでいえば「リザード」から「アイランズ」あたりでしょうか、そうなるとキース・ティペットとかが参加してた時期かな?いや~、何年か前に、その時期の「Sailor's Tale」の別テイクだかライブ音源だかをYouTubeで聴いたことがありまして、それがレコードの数段上をいく圧倒的なパフォーマンスと音質、「うあああああ~すげえええええ!!!」ってなったんです。でもその動画は削除されてしまいまして今では聴くことが出来ず。それが入ってるんだったら買いたいけど、でも安い買い物じゃないぞこれは…。。
 僕はキングクリムゾン大好き人間ですが、それって1969~1974の間だけなんですよね。その中でもメンバーが弱い時期もあって、その時の演奏はあんまり好きじゃない。70~72年の問題は、モノによってはベースやドラムやヴォーカルがダメ(バンドの転換期でメンバーの入れ替えが多い時期)、でもピアノのキース・ティペットは最高、またキングクリムゾンはこの時期だけ木管を含めた管弦を採用してて、これが超絶に素晴らしい。つまり一長一短の時期なんですよね。でも、あの「SAILOR'S TALE」の衝撃が忘れられない、管弦とのリハーサルテイクも入ってるんだったら、ロックバンドと管弦をどうやってあそこまで合わせたのか聴いてみたい…う~ん困った。買うとしても、妻に内緒で買わないとひと騒動起きるかも(^^;)。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments
私は買わないけど 
大人向けのこの商売は本当に凄いですね! 私はこの系のボックスは買わないようにしました。ライブならまだ考えますが、未発表曲と言われても、既発の曲に劣るから未発表にしたレベルの曲ばかりだし、デモなんか聴くならちゃんとしたのを聴きます。というタイプ。特にデモにはなんの魅力も感じないんです。
・・・本当の理由は高いから(笑)
Re: 私は買わないけど 
ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!
いや~確かに高いですよね。貧乏な私にはキッツイです。ボネ太郎さんのように、自分の中にどこで線引きするかのルールを作った方がいいのかもしれないですね。ただ、ジミヘンのレコードなんかは公式アルバムよりラジオ出演やライブの方が3倍はすごい演奏だし、最初の解散までのキングクリムゾンに至っては未発狂ライブが演奏も凄ければ音もスタジオ録音より良いものがあって、スタジオでもアウトテイクが商売に気を使わずに思いっきりすごい事をしてるというのを経験しているので、迷ってしまうんです。でも21枚は多すぎ、2万円ならギリギリ手が届く金額というのもいやらしいなあ(・∀・`。)。


02 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS