FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

書籍『指揮法教程(改定新版)』 斎藤秀雄

ShikihouKyoutei_saitou.jpg 指揮の教科書です。たぶん、日本で「指揮法」というと、まずはこの本なんじゃないかと思います。指揮法を学ぶと、それがナンチャッテでも、オーケストラの演奏を見たり聴いたりしながら指揮者ごっこが出来てメッチャクチャ楽しいです(^^)!

 僕は指揮者になりたかったわけじゃないんですが、いちおう指揮の授業も履修しました。大ホールでオーケストラを振るなんていう大それたものじゃなくって、合唱やブラスバンド部ぐらいは指揮できるようになれたらな、ぐらいの軽い気持ち(^^;)。本格的な指揮者志望の人はどうなのか分かりませんが、僕みたいなライトな人は、この本の著者の斎藤秀雄先生の指揮法をベースにしたものを教えられることが多いと思います。というのは、日本で指揮法を授業として最初にちゃんと教えてメソッド化した人が斎藤先生らしいので(^^)。あ、そうそう、斎藤秀雄先生というのは、東京フィルの指揮者やったり、桐朋学園の音楽クラスの設立に関わったりした人で、レジェンドらしいです(^^)。最近(2016年)出たアルテスパブリッシングの指揮法の本も、斉藤メソッドの流れにある指揮法なんじゃないかと。というわけで、「ちょっと指揮の勉強してみたいな」という人は、最初に手にするべき本はこれなんじゃないかと(^^)。

 ただ…物わかりの悪い僕には、ふたつ不満がありました。
 ひとつは、指揮棒の運動が分かりにくい事です。指揮って運動じゃないですか。これを文章で書かれても分かりにくい、もう少し気の利いた図を入れて欲しかった。。この本の図って、他の指揮に関する本に比べても、わかりやすい方じゃないと思います。たとえば「撥ね上げ」とか「先入」とか「ひっかけ」というタクト捌きなんか、もしこの本だけで学ぼうと思ったら、ここに書かれている文章と図だけでどういう運動なのかを理解するのは至難の技なんじゃないかなあ…。
 もうひとつは、ちゃんとぜんぶ書いてない事です。初心者向けの本でも、いちおう指揮が出来るところまでは全部書いてないとダメだと思うんですよね。上級者テクニックとかは書かなくていいけど(というか、この本にはたぶん書かれてないです)、いちおう1曲通して問題なく指揮できる、ぐらいまでは書いて欲しかったです。。たとえば、指揮を始める最初って、アウフタクトでなければ4拍目から振りはじめると思うんですが、それって最初の一振りはどうやって始めればいいの?というのが、「一拍前から振る」みたいにひと言書かれてるだけで、その軌道が書かれてないです(+_+;)。。あと、左手の使い方とかも、さいごに「附記」としてちょっと書いてあるだけ。つまり、せっかくこの本をひと通りやっても最初の出始めのタクトの振り方の時点で戸惑ってしまう、ディミネンドの左手で戸惑ってしまう…などなど、学生の合唱の指揮ですら満足に指揮できない可能性があるんじゃないかと。う~ん、僕の理解が浅いだけなのかなあ…。

 というわけで、かゆい所に手が届く本とは言えないとは思いますが、弱点があろうがなかろうが指揮を学びたければ何はともあれこの本から!ああ、あと、独学の人のために、この本の補助としてDVDも出てるみたいです。DVDの方はボクは見てないんですが、たしかにタクト捌きに関しては映像で見ればものすごく分かりやすいんでしょうね(^^)。

関連記事
スポンサーサイト

Comments
長年の疑問 
Bach Bachさん、おはようございます。
指揮の難しいことは全然わかりませんが、昔からの疑問が一つ。
指揮棒の動きのどこが拍の頭なのか?

指揮を手拍子のようなものと考えると、動き始める瞬間が拍の頭になるのが
自然だと思うのですが、ライブビデオを注視しても明らかに違う。
棒が最下点に到達した瞬間かとも思ったのですが、これも違いそうだ。
どうか、長年の疑問を解いて下さい。
Re: 長年の疑問 
AKISSH さん、書き込みありがとうございます。

指揮棒のどこが拍の頭かという質問に答えるとするなら、「打点」でしょうね。指揮棒をドラムのスティックに見立て、エアードラムを演奏してると想像してください。

でも、厳密にいうと、どこが打点かというより、その動作に合わせる感じです。ピアノなら指揮棒が落ちる落下と、自分の腕が落ちる落下が同じ動きです。チェロも、指揮者の腕の動きが弓を弾く動きと同調する感じです。これは、自分がヴァ庵ストなりピアニストになった気分で、プロの指揮者の予備運動から一拍目の振りを見て演奏した気分になってみると分かると思います。解釈なんてひとつしかない事が分かると思います。そう振られたらこう入るしかない、みたいな(^^)。だから、打点というより、動き全体が同じ感じです。超ど素人の僕が、プロの指揮者を見てスゴイと思うのは、指揮法の基本とまったく違う動きをしても、それでどう演奏するのかがすごく良く伝わる事なんですよね。リハの時に、指揮者がオケを止める時に、手で音をグッとつかむような動作をする時があるんですが、あれなんか演奏者がそのサインを知らなくても、もう演奏を止める以外のことが出来なくなると思うんですよね。あれもきっと、指揮者の身体の動きが音楽の動きと同じだからじゃないかと思います。それぐらい、動きが演奏と同期してるんですね。

オケとタクトのずれについてです。クラシックの指揮は、たとえばジャズのビッグバンドのキューのように、タクトとバンドがジャストなわけではなく、ほとんどすべての状況で、タクトより少し遅れて演奏します。演奏とタクトがずれるのは、オーケストラでは、演奏者はタクトではなくまわりの音楽と合わせる事を優先するという事と、実際にタクトより遅く入って、まわりと音を合わながら出るようにするというオケの作法(名前を忘れましたが、名前がついていたはず)があるのです。このずれはオケによって違って、おおむねヨーロッパのオケの方が、オケ自体にも意志があってけっこう遅れ、アメリカのオケの方が、指揮者に忠実という傾向があるようです。このへんは、NHKなんかのオーケストラの番組を何回か見て指揮者やオケの比較をすると、差が分かって面白いですよ(^^)。

私はピアノだったのでオケ中に入ったことはないんですが、音大の時の指揮の授業では、ピアニストだけか、ピアニストと誰か(連弾が多かったかな?)に演奏してもらって、それを指揮する授業でした。その時には、相当に指揮棒に近い演奏でしたね。

12 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS