FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: PC・PCソフト・ゲーム etc. > ゲーム   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

『パックマン』 アーケードゲーム

Pac-man.jpg 賀正~ん(^^)。あけましておめでとうございます!
 正月はもちを食いまくりながら、パックマンにハマってました(^^)。パックマンというのは、僕が小学生の頃にゲームセンターで大流行したビデオゲーム。当時のゲームセンターといえば「子供がいったらカツアゲされるから行くな!」と言われていた、室内は暗いし悪そうなお兄ちゃんもいっぱいいた子供の不健全スポット(^^;)。でも僕の友達はちょっと元気な子が多かったし、なんてったって神戸なので大物の子供がいたりして(・ω・)、僕はその子におごってもらってよくゲーセンに行っていたのでした。
 子供のころは、パックマンの面白さが分かりませんでした。ギャラクシアンみたいな撃つゲームの方が感覚的に面白かったし、画面も宇宙が流れていて綺麗だな、と思ってたんです。パックマンは鬼ごっこのゲーム(敵4匹から逃げまくって、捕まる前に画面上の通路に落ちているえさを全部食べたらクリア)なので、画面には動きがないし、そもそも「こんなのコンピューター側が有利に決まってるじゃん」と思ってたのです。あ、あと、曲がりたい時にレバーがうまく入らないで死ぬことが多くって、「ちゃんと右に曲がったじゃん!」みたいなストレスもありましたねえ。ところが大人になってパックマンをやってみると…面白れえええ!!
 大人になってやってみたパックマンの面白さ。それは、自分を追いかけてくる敵のアルゴリズムを読む頭脳ゲームだった点でした。子供のころはただ敵から逃げてるだけで、こういう所に気づかなかったんですね。。敵は4匹、それぞれに性格があります。赤いやつは追いかけてくるし、ピンクの奴は先回りしてきます。これだけだったら、まず自分が絶対不利だと思うんですよね。ただ、敵のアルゴリズムにはもうひとつ特徴があって…自分を追いかけてくる時とは別に、定期巡回コースをパトロールする時があるのでした。この「追跡」と「定期パトロール」が時間で切り替わるんですが、これを見極めながらエサを食う!メッチャクチャ頭を使いながら瞬時に状況判断をする頭脳系アクションゲームだったのです!!あ、あと、敵が絶対に通らない一方通行路があって、これを発見した時は大興奮。「おおっ!これを利用出来たらいけるんじゃないか?!」と思ったのでした。そして、次のステージに進むごとに、少しずつ敵のスピードが上がり、アルゴリズムの切り替えのタイミングも変わっていくので、「くっそ~、さっきと同じルートじゃダメなのか…」みたいに、必死に逃げながらもずっと頭を使いまくる必要があって燃えるのでした。40年近くも前のゲームに今ごろ熱くなってアホですね(^^;)。。
 このゲーム、敵のアルゴリズムが切り替わるタイミングはランダムではなく、各ステージごとに決まってます。でもって30面ぐらい(?)まで行くと、その先はアルゴリズムは変わらなくなるらしい。だから、「こういうルートで餌を食っていけば絶対大丈夫」というルートを各ステージごとに作り上げてしまえば、考えなくってもこのゲームを制覇出来てしまうそうです。僕はそれを知って、ズルと言われようがネット上に転がっていた情報を見て攻略しようとしたんですが…ダメでした(゚∀゚)。こんな複雑なルートを面ごとに全部覚えるなんてとても無理、これならピアノ曲を暗譜する方がよっぽど楽だよ(^^;)。あと、攻略ルートどおりにやってみたんですが…「うおおおっ!これ、アルゴリズムの切り替わるタイミングが違うぞ!!」…なんと、家庭用ゲーム機(PS)のパックマンは、アーケードゲームとアルゴリズムが違うんだそうです。インチキしちゃいけないという事だな…。
 ゲームの面白さって、正解を導く思考過程にあると思うんですよね。だから、なにかのストーリーを追うとか、そういうのはゲームの面白さとはちょっと違うものだと思ってます(あ、否定はしないですよ。そういうものの面白さはゲームとしての面白さではない所にある、という事)。相手のアルゴリズムは分かってる、それをあのスピード感の中で判断して正解を導くパックマンは、ゲーム的な面白さ満載のゲームでした!!嫁とずっと「次は俺にまかせろ!」とか、何時間もぶっ通しでやってました。なんというだらけた正月でしょう( ̄ー ̄)。というわけで、本年もよろしくお願い致します!

関連記事
スポンサーサイト

Comments
あけましておめでとうございます 
Bach Bachさんの選んだ2017名版を、冬休みに端からYouTubeで聞いていました。
ところで、パックマンの記事、目からウロコでした。

多分PSだったと思いますが、その昔、ゲーム自体より、一体、4匹の敵のアルゴリズムはどうなっているのだろうと、そちらが気になってしょうがなかった。
1匹ごとにアルゴリズムが異なるのはすぐにわかりました。同じなら、逃げ回っているうちに敵が1つに重なるはずですから。研究の末?概ねわかったのですが、時々不規則な動きをするルールがわからなかった。適当に乱数を入れているのかなと。

「追跡」と「定期パトロール」がtimeで切り替わり、面ごとに決まっていて30面でフィックスされるとは!! 今頃よくわかりましたね。
世の中、まだまだ知らない興味深いことがあるなぁ。
Re: あけましておめでとうございます 
AKISSH さん、明けましておめでとうございます。

お~、Youtube にけっこうありましたか?聴く側からしたら、いい時代になったものですねえ。

そしてパックマン、僕もやっぱりモンスターのアルゴリズムに目が行ってしまいました(^^)。あれを理解することが、このゲームを楽しむ事なんでしょうね。というか、ゲームってみんなそうなのかも。

というわけで、どうぞ今年もよろしくお願い致します!
小学生ん時、船旅で北海道旅行した時 
船内のゲーセンで、何故か99クレジット入った状態でテーブル筐体のパックマンがあり・・・10時間以上連続してやってました。当時は「パターンを覚える」って言いながら、試行錯誤しながらも1日で15~6面までは余裕で行けるようになりました。あれがアルゴリズム解読だったのかな?何かのタイミングで突然モンスターが反転したりとかも読めてたし。フルーツはチェリー、イチゴ、オレンジ、リンゴ、ギャラクシアン、メロン・・・でしたっけ?思い出せない!
40年前の方が頭良かったのかも・・・。

申し遅れました、明けましておめでとうございます。
15~16面余裕はすごい! 
地味JAM尊さん、明けましておめでとうございます。

フルーツ、だいたい合ってます!すごい記憶力ですね!僕なんてギャラクシアンが出てきた時「おおっ、こんなのあったな」と声をあげてしまいました(^^)。
15~16面まで行くのは相当の腕前ですよ!そのへんだと、逆襲してモンスターを食うなんてもう出来なくなっていたんじゃないかと(^^)。僕はその辺が限度です。
アルゴリズム解析、体で覚えるのが先ですよね。僕は、妻の死にざまを見ながら各モンスターの巡回コースと追跡アルゴリズムを紙に書いて分析しました(^^)。正月に何やってんだ。


12 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS