心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『外道』

gedo.jpg 1974年に発表された日本のロックバンド「外道」のファーストアルバム、ライブ盤です。矢沢永吉さんやジョニー大倉さんがいたキャロル、そして頭脳警察のデビューが1972年ですから、ようやく日本でコピーじゃないオリジナルのロックをやるバンドが出てきたころですね。その後、日本は海外の物真似ロックに戻ってしまうんですが(^^;)。。外道は、この黎明期の日本ロックのなかで、間違いなくすっごいバンドのひとつだと思います!
 まず、ギターの切れ味がヤバい!特にリフを刻むタイプの曲の切れ味がすごい。サウンドはハードロック、カッティングのキレはドクター・フィールグッドなみです。そして、ドラムがメッチャうまい。そして音楽は…ハードロックからロックンロールから、もうチャンポンです。MCや歌詞を聴くと、けっこう飄々としているというか、力みかえらずに人を食ったようなリラックスした感じが逆にカッコいい(^^)。フィフティーズっぽいバラードなんて、完全に洋楽をちゃかしてる感じ。ロックはロックなんですが、色々と当時の日本の文化風潮が音楽や詞に出ているというか、すでに洋楽のコピーバンドなんかじゃないですね。むっちゃ個性や主張があります。飼い慣らされてない感じ。
 欧米ロックで僕が最高に面白いと思うのは60年代後半から70年代前半ですが、日本のロックで面白いのは70年代前半の日本ロック黎明期。この時代は下手で軟弱だとばかり思っていたグループサウンズの中にもめっちゃカッコいいバンドがいくつもありますが(ゴールデンカップスとか、モップスとか)、さすがに外道はすごいです。間違いなく日本のロックの大名盤のひとつだと思います!

関連記事
スポンサーサイト

Comments

07 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS