心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Count Basie / The Basie Big Band』

Count Basie The Basie Big Band いやあ、これは感動しました、素晴らしいではないですか…。これはカウント・ベイシーがPabloというレーベルに移籍して最初に録音したアルバムです。1975年吹き込みという事で、カウント・ベイシーの録音の中では晩節に入ったぐらいの感じでしょうか。
 少し前の日記で、「ジャズ・ビッグバンドの2大巨頭はデューク・エリントンとカウント・ベイシーだ」みたいな事を書きましたが、ジャズを聴き始めたころの僕の最初の印象は、エリントンの方が洗練されていて、ベイシーの方はドッカンバッカンと派手なエンターテインメント、という印象でした。エリントンはビッグバンドなのにアンサンサンブルが実に綺麗で、ビッグバンドなのにコンボを聴いているみたいなのです。一方のベイシーはというと、『ATOMIC BASIE』と『Basie in London』のように、ドッカ~ンと来る大エンターテインメントというイメージ。ところがこの70年代のカウント・ベイシーのアルバムを聴くと…うわあ、これはまるでデューク・エリントンじゃないか、すごい洗練されていて驚きました。行く所では相変わらずの爆発力ですが、トゥッティの決まり具合とか派手なソリではなく、アンサンブルの見事さに耳が行く、アレンジがなんともモダンで素晴らしい、感動してしまいました。1曲目「Front Burner」の、明確なテーマやメロディを提示しないままリズム隊とピアノだけで大楽節を回し、そこにフルートがアドリブのように重なっていきます。それを受けてブラスセクションのアンサンブルが奏でられ、その数が次第に増え…つまり、アドリブから曲のアンサンブルに入り、明確なテーマは最後なんですね。いやあ、これはカッコいい。トゥッティのキレぐあいが勝負のフォルテッシモ全開ビッグバンドだと思っていたベイシーは、カンサスシティ7のようなコンボを聴いて「あれ?これはカッコいいぞ」と思い、そしてこの70年代録音の洗練された感じで僕は参ってしまいました。これはアレンジのネティスコの隠れた大手柄ですね(^^)。
 いちばん受け入れられた頃のベイシーといえばスイング時代のベイシーか、再結成直後の50年代ベイシーなんでしょうが、僕としてはこのジャズの酸いも甘いも知り尽くしたような、芸術性まで感じる部分と分かりやすい大衆性の同居した70年代ベイシーのこの1枚が大推薦。いやあ、すばらしいです。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

07 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS