FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 漫画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

コミック『のだめカンタービレ』

NodameCantabile.jpg 指揮法の本の紹介が続きましたが、指揮について知りたければ、まずはこれ!「のだめカンタービレ」、クラシック音楽をテーマにしたラブコメディな漫画です!クラシックを題材にした漫画って、僕はこれしか知らないです。

 この漫画の魅力は、主人公の野田恵・通称「のだめ」のほんわかした天然キャラの魅力と、クラシックや音大の内情を描いた2点じゃないでしょうか。のだめは、先輩のエリート音大生・千秋にひと目ぼれして、マンションの隣の部屋に住んでいるのをいい事に、ずうずうしいぐらいにアプローチします。それで、先輩のシャツの匂いを嗅いだり(^^;)。まあ色々とこの天真爛漫で天然なキャラを活かしたギャグがあちこちに散りばめてありまして、これが最高に面白い!
 もうひとつの魅力は、音大やクラシックの内側の描写が秀逸な点です。専門性の高い分野って、外から見ているだけでは分からない事って、あるじゃないですか。僕は、テレビのドキュメンタリーなんかを見ていてそれを感じる時があります。どんな専門分野でもいいですが、「うわあ、こんなことまでやってるんだ」みたいなのってあるじゃないですか(^^)。それのクラシック版を漫画でやったのがこれです。音楽を好きな人って少なくないと思いますが、それでもクラシックをやってる人はそのうちの100分の1にも満たないんじゃないでしょうか。だから、オーケストラ団員の実情とか、オペラのリハの進め方とか、読んでいて「へえ~」って好奇心をくすぐられる事が多いと思います。あと、音大の内側、これが良く書けていて、決して荒唐無稽じゃないです。大学のランクにもよるけど、音大って、卒業まで行く人なら、平均点ぐらいの人でもロックやポップスのメジャーバンドよりうまいレベルです。サザ〇オ〇〇ス〇ーズみたいなバンドよりは、卒業どころか入学時点で確実にうまい人が大半です。でも、与えられた4年間の間で上達したりコンクール入選とかをバンバンしないと、卒業時点でクラシックの道は閉ざされてしまい、子供のころから目指していた旅はそこでオシマイ。その世界に残れるのは、本当ににわずかです。その実情が描かれていて、当事者だった僕には胸が痛い所もありました(ノ_・、)。

 作者はクラシックをほとんど知らないとの事でしたが、そうとは思えないほど良く出来ている漫画です。めちゃくちゃ取材に力を入れたんじゃないかな。漫画としても爆笑ものの面白さ、ついでにクラシックを知らない人には、この専門性の高いジャンルに入るに絶好の入門書にもなって2度お得の漫画じゃないでしょうか。おススメ!!

関連記事
スポンサーサイト

Comments

09 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS