心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Novalis / Sommerabend』

Novalis Sommerabend ロックにも色々ありますが、若いころに一番ハマったのはサイケとプログレでした。プログレは当然のようにピンクフロイドキングクリムゾンあたりのイギリス勢から手を出して、次はアメリカに行かずヨーロッパ、しかもドイツでした。英米のポップすぎるプログレには興味がなかったなあ…。ドイツのプログレって、最初の頃のASH RA みたいなドロッドロのサイケデリックや、Faust みたいなアヴァンギャルドで実験的なのものが多くて、めっちゃカッコ良かった(^^)。でも、そうじゃないドイツのプログレもあるとはじめて知ったのが、このノヴァーリスでした。これは76年発表のアルバム。
 バンド名がロマン派を代表する詩人の名前で、ジャケットがこれですから、聴く前からロック版のロマン派音楽みたいなんだろうな、と想像してました。そして聴いてみると…そうでもなかった(^^;)。ドイツとかそういう事はあんまり分からず、むしろEL&Pとかダリオ・アルジェントのホラー映画に使われてるプログレみたいだな、と。転調を含めて曲がどんどん展開するロックで、シンセサイザーが雰囲気づくりにひと役買って、バンドの演奏は平たい、みたいな。いや、それよりさらにポップかも。
 要所要所のモチーフは、プログレ的な魅力があってけっこう好きです。でも、それを発展させ構成する技術がもう一声…プログレらしく、いきなりリズムの形や調が変わったりするんですが、経過句を使うという事を知らないので、やみくもに繋いでいるだけの稚拙な作曲に聴こえちゃったのです(T_T)。他では、あるパターンを作って、コードが変わるとそのコードで同じパターンを演奏して…これは伴奏の技法なんですが、主旋律がいないところで延々とそれをやられると、アレンジ前の音楽に思えてしまいました。もうひとついうと、動機に変化つけずに繰り返すという事をやるのですが、これをやられると待っている感じになってしまって、その瞬間は音楽が停滞するというか、演奏される前から先が全部見えちゃって退屈でつらい(>_<)。これらをまとめて言うと、つまり編曲技術がもう一声というところなのかな、と。
 けっきょく、ロックで大楽節を繋いて大形式を作る作曲技術があるバンドって、キング・クリムゾンとかタンジェリン・ドリームとか数が限られていて、ほとんどいないのかも。テーマやモチーフは魅力的なだけに、ちょっと惜しい感じがしました。こういう経験を何度かして、ポップなプログレやシンフォニックなプログレは深入りしないまま卒業してしまいました。いいものもあるんでしょうが、今からそこを漁る元気がない(^^;)。。というわけで、初期のジャーマンロックみたいなものすごいものを期待していると肩透かしを食らうかも知れません。ポップス好きな方が、もう少し踏み込んだ音楽を聴いてみたいぐらいの需要に合っているのかも。ちょっと進んだポップスぐらいの感覚で聴くと、いい感じです(^^)。

関連記事
スポンサーサイト

Comments
全く記憶がない 
間違いなく買いました。大学生の頃に中古レコードを買いました。だから聴いたはずです。。。でも全く記憶がない。どんなバンドだったか、どんな音だったか(笑)
あの頃は予備知識無しでこんなレコードを買っていた私。
ただ、やっぱり憶えてない
Re: 全く記憶がない 
 ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!
 中古で買ったというの、分かります。プログレ系のレコードが置いてある店で、このレコードはよく見かけた記憶が僕もあります。僕も、さんざんこのレコードに出会って、そして何回目かに買ってしまった口です(^^)。
 そして、覚えていないというのも、よく分かります。たしかに印象に残らない音楽なんですよね。70年代後半になってくると、プログレもポップスの中に飲み込まれていった感じがします。


04 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS