心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: --  

『Eric Dolphy / OTHER ASPECTS』

EricDolphy_OtherAspects.jpg エリック・ドルフィーの死後、残されていた録音を集めた作品みたいです。しかしこれ…若くして死んだ天才サックス奏者が、まるで自分の死を悟って、自分に向けて奏でた鎮魂歌でもあるかの様な、ゾッとするような感覚を覚えるアルバムです。若い頃に初めて聞いた時には、何とも言えない感動を覚え、悲しいとか嬉しいとか、そういうのではない涙が出てきてしまった。

 ライブ録音でない所がミソ。それだけに、ジャズが否応なく持ち合わせる事になってしまう、お客さん相手のエンターテイメント的な側面から完全に逃れています。さらに、他のドルフィーのアルバムと音楽的な傾向がかなり違っていて、ジャズはすでに過去に離れたという感じ。オーソドックスから離れ、まだ誰も歩んでいない地に踏み込んで。こういうところに、ドルフィーという不世出のサックス奏者が、楽器奏者としてではなく、音楽家としてどのような事を考えていたのか、純粋な音楽的な思想みたいなものを感じさせられました。

 若い頃に聴いた時の印象は、なんと内省的な音楽か、と思いました。恐らくそれは、アルバムのA面とB面の両方に入っているフルート独奏によるところが大きいのではないかと思います。特に先に入っている「Inner Flight #1」、これがゾッとするような素晴らしさ。まったく熱くなることなく、かといって寡黙というのでもなく、テーマと同じキーで全音階と7音音階を行き来するのですが…なんというか、そういう理屈ではなくって、これが生み出す不思議な音の感覚が、凍りつくような美しさ。もし臨死体験をした時に音楽が聞こえるとしたら、こういう音なんじゃないだろうか。
 もうひとつ、冒頭の「Jim Crow」という曲も、既にジャズより先に踏み込んだという感じの音楽です。これぞ音楽。タイトルからすると、これ、ジム・クロウ法と関係あるんでしょうね。しかし、詞が聞き取れないので、そこには触れない事にして(^^;)…ドルフィーはアルトサックス、フルート、バスクラリネットを持ち替えながら演奏。他にテノール、ベース、ピアノが入っていますが、同時に演奏する事はありません。現代音楽のような乾いた響きの作曲部分がこの曲の強い印象で、途中のブリッジで一気にジャズコンボ的なビート音楽になり、最後にまた現代音楽、みたいな感じ。プッスールのシアトリカルな作品を聴いているような感じ。ドルフィーという人の音楽的な意識は、ジャズがどうこうとかいうところには既になかったんでしょうね。
 こうして書くと、異色作かと思われがちですが、ウッドベースとアルトサックスにより、モダンジャズのアドリブソロの極めつけのようなデュオも入っています。で、このサックスがもの凄い速さ。。マシンガンですね、こりゃ。

 ドルフィーの表に出されていなかった色々な側面が入ったアルバム、これはジャズとかそういうラベリングがむなしくなってしまう、ひとりのアーティストの魂を聴かされるような素晴らしいアルバムだと思います。芸術家に望まれているものの全てに正面から向き合いながら先へと進んでいった、本当に素晴らしいアーティストであったと思います。



関連記事
スポンサーサイト

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS