心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『久保田利伸 / SHAKE IT PARADISE』

Kubotatoshinobu_SHAKE IT PARADISE 不倫ソングで、僕が涙が堪えられなくなってしまうものを、もうひとつ。久保田利伸さんの「missing」という曲です。何かのテレビ番組のタイアップ曲になっていた記憶があるので、知っている人も多いのでは?CDだと、久保田さんのデビューアルバム「SHAKE IT PARADISE」に入ってます。
 郷ひろみさんの「逢いたくてしかたない」と同じように、ザ・歌謡曲という感じの曲なんですが、詞がヤバいです。作詞作曲は、久保田さん本人。

言葉にできるなら 少しはましさ
互いの胸の中は手に取れるほどなのに
震える瞳が語りかけてた、出会いがもっと 早ければと
叶わないものならばいっそ忘れたいのに忘れられない、全てが
許されることならば 抱きしめていたいのさ
僕だけの君ならば…


 若い人が書く詩じゃないだろ…。互いに心が通じているのも分かる、でも言葉にする事も出来ず、抱きしめる事も許されず、僕だけの君ではないんですよね。このつらさ、経験者には痛すぎるほどわかるのではないかと。

 久保田さんって、ちょっとブラコンっぽい歌い方をする人で、デビュー当時は「歌がとんでもなくうまい」みたいに言われていました。でも、僕は歌がうまいかどうかはよく分からず、それ以前にミックス・ヴォイスやファルセットを使わない歌唱はジャズでもロックでもポップスでもどうしても歌唱としてうまいと思う事が出来ません。でも、この詞はヤバい。涙が止まらないです。
 不倫をしている人や水商売の人って、年末とお正月に自殺してしまう事があるとききます。相手がその季節だけは家族のもとへ帰って、自分は仕事も何もなくてひとりぽつんと部屋にいるからなんだとか。どうか、変な気を起こさないでね(^^)。。

関連記事
スポンサーサイト

Comments
うっわ~これか~ 
THE BADDEST が高校か大学の頃っすね。大ブームだったな。
泣ける曲とか言ってみんな歌ってたけど歌唱力追っつかない・・・

昭和最期から平成初期はバラード名作が多かった・・・と
当時カラオケボックスでバイトしてた自分は思っちゃうんですね。

I miss you 許されるものならば 抱きしめていたいのさ~♬
Re: うっわ~これか~ 
地味JAM尊さん、書き込みありがとうございます。今日、うちにあったビデオ「帰ってきたウルトラマン自分セレクション」のグドン&ツインテール戦を見て、感動してました!やっぱり新マンまでは面白いっす。

久保田さん、はやりましたよね!僕はもう世代じゃなくって、日本の歌謡曲はもう聴かなくなってましたが、そんな僕の耳にも入ってきてました。僕が好きなタイプの歌い手じゃなかったですが、この曲の詞だけは好きです(^^)。


04 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS