FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

映画『野生の証明』

Yaseinoshoumei.jpg 「人間の証明」の翌1978年に公開された角川映画です。原作は前作と同じ森村誠一さん、主演は高倉健。社会巨悪と戦う推理サスペンス調の映画なんですが、健さんは無口で仁義を通してメチャメチャ強いので、東映任侠映画の頃の健さんとなんにも変らないです(^^)。健さん、カッコいい。子供のころは、友達のお兄さんが「あの映画は自分の腕の肉食ったりしておっかないぞ」というもんだから、恐ろしくて見れませんでした。あのお兄さんは性格悪かったな。

 この映画、人に説明しようとすると、なんと説明して良いやら分かりません。自衛隊の特殊部隊が東北の寒村を全滅させるとか(*追記:「あれは自衛隊が全滅させたんじゃなくて、全滅させたところに自衛隊が居合わせたんです」とのご指摘をいただきました。ご指摘いただきました名無しさん、ありがとうございました!)、生き残った少女が超能力を持ってるとか、なんだかとんでもない要素が色々と入ってるのでね( ̄ー ̄)。その殺戮現場にいた自衛隊の隊員(高倉健)が、自衛隊退役後に生き残った少女(薬師丸ひろ子)を養女に貰いますが、命を狙われます。ある刑事は、この隊員が少女の両親を殺した犯人ではないかと疑いはじめます。自衛隊では、彼をマークします。まあこんな感じで、主人公がいったい何者であるのか、また事件の真相が何であるのか、こういうものを軸に話が展開するので、メッチャ面白い!そして後半はランボー張りのサバイバル。そして話は回収できず( ̄ー ̄)。構図やら編集やら色々とアマチュアっぽいのは相変わらず角川映画っぽいですが、そういう所はさておいて面白いというのも角川映画っぽいです。やっぱり本の会社だからストーリーがメインになってしまって、映像や音楽はアマチュアなんですかね。そうそう、音楽は大野雄二さんが担当していますが、「ルパン三世 カリオストロの城」とそっくり。カリオストロの城の公開は翌年、この2年のうちに映画音楽を8本も担当しているので、新しく作ってる暇がなかったのかも(^^;)。

 「人間の証明」は途中で何度も見るのをやめようと思ってしまった僕でしたが、この映画は面白くって、最後まで目が離せませんでした。前作の主演・松田優作さんとの共演は、この約10年後のハリウッド映画「ブラック・レイン」で実現します。ブラック・レインでは優作さんの圧勝ですが、この時点では健さんに軍配かな(^^)。あ、そうそう、このあと角川映画の看板女優となる薬師丸ひろ子さんは、この映画が銀幕デビューです。


関連記事
スポンサーサイト

Comments
CMで頻繫に「お父さんをkillしに来るよ」って 
流れまくってたんで、怖くて見れませんでした・・・
同時期に6兄弟がサルの神様と怪獣killすのは見てたんですがね。
あっちは頭の皮剥いだりしてませんでしたっけ。

あまちゃんで見て以来、動く薬師丸さん見てないんで
借りてきます。
(英訳しないと不正な投稿扱いになっちゃてマス)
Re: CMで頻繫に「お父さんをkillしに来るよ」って 
地味JAM尊さん、書き込みありがとうございます。

そうそう、この映画のコピー、おっかなかったですよね。子供のころの僕はてっきり「悪霊島」とかそっち系の映画と思って、ビビッて観に行けませんでした。 6兄弟の方は、ハヌマーンが違和感ありまくり&タロウが好きじゃなかった僕は見事回避(^^)!

当時、角川映画は勢いがありましたね。くだらないと思いつつ、けっこう見てます。薬師丸さんでいうと「Wの悲劇」が個人的には最高傑作ですので、いずれ書きたいと思っています。

09 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS