FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 漫画   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

コミック『めぞん一刻』 高橋留美子

MaisonIkkoku.jpg 一世を風靡したマンガ「うる星やつら」の原作者・高橋留美子さんが書いたラブコメディー漫画です。この漫画家さん、世代によって代表作の認識が変わってくると思うんですが、僕ら1970年前後に生まれた世代にとっては「うる星やつら」か「めぞん一刻」の人になるんじゃないかと。そしてこのマンガだけ、高橋さんが少年漫画雑誌じゃなくって青年~大人向け漫画雑誌に書いたものだと思うので、いちばん大人の鑑賞に堪えるものなんじゃないかと。そういう意味で、作者の実際の感覚にいちばん近い漫画なんじゃないかなあ。
 話は、「一刻館」というアパートの人間模様を描いていて、貧乏浪人生が住んでいるアパートに、20代前半の若くて美人な未亡人が新しい管理人として入ってくるところからスタート。このふたりの関係をめぐって、お互いの恋のライバルや、一方が大学入試や就職という成長過程が絡んで話が展開します。そして片思いだったはずの恋が、互いが大人のパートナーとして認め合っていい年齢に近づき、コメディ7/シリアス3ぐらいだったドラマのバランスが、終盤に向けて逆転します。このバランス感覚が絶妙で、久しぶりに読んだら読むのをやめられなくなって一気読みしてしまいました(^^)。

 ドラマの骨格にあるのは、変化なんじゃないかと。主人公の悩みは、付き合いたくても自分はまだ学生or浪人で、相手と釣り合わない。未亡人は死別した夫への思いや操があって、それが足を引っ張ります。自分も好意を持っているのに、操を立てて大学生の思いをはぐらかす。この状況や心境が少しずつ変化していき、ドラマが生まれます。
maisonIkkoku_14.jpg 僕的には、美人でやきもち焼き、そして亡夫を忘れないでいたいと思う未亡人が、その墓前で変わっていく自分の心境を打ち明けるシーン、付き合って6年たってはじめて部屋で抱き合った後に主人公にボソッと言うセリフ、主人公とずっと付き合っていたけなげな女の子こずえちゃんが主人公にキスをするシーンと別れ、亡夫の遺品を実家に戻すシーン、これらがベスト。特に、けなげなこずえちゃんが主人公をだましてキスするシーンはジ~ンときてしまった。。きっと恋愛でいちばん心揺さぶられる時って、本当に相手のことが好きなのに宙ぶらりんの時、両思いで付き合っているという実感をはじめて得た時の感動、そして好きな人と別れなければいけない時、この3つだと思うんですよね。これが「めぞん一刻」には全部入ってて、激しく揺すぶられてしまいました(T_T)。

 このマンガ、若い頃に夢中になったんですが、その時の印象は「メッチャ面白い、でも目をそむけたい所も少なくない」って感じでした。理由は、骨格にあるものがリアルすぎたから。別れの傷みって本当につらい、だからなにもマンガでまでそんな体験したくない…って思っちゃったのが学生時代のボクが感じたマイナス面だった気がします。前半はコメディ要素が強いのでそういう部分をあまり感じずに済みますが、後半になるともう笑えない。自分がリアルタイムで似た経験をしている時に読んではいけない漫画です(^^;)。でも、そういう痛みからちょっと遠くなったときに読むと、客観的に読むことが出来て、心は動かされるけど痛みを感じるほどじゃなくなってたので楽しめたのかも。
 というわけで、僕的な恋愛マンガベスト3は、「みゆき」「めぞん一刻」「翔んだカップル」なんですが、その中でいちばん大人の鑑賞に堪える恋愛マンガが「めぞん一刻」、名作じゃないでしょうか!


関連記事
スポンサーサイト




Comments
はいっ、当然全巻持ってて感動してましたよ。 
1巻はまだ手探り状態って感じましたが、徐々に「ルーミックワールド(←恥ずっ)」全開になっていくのが良かったですよね。サブキャラの充実(四谷さんとか一ノ瀬さんとか)でドタバタ劇にしながらバリバリの恋愛もの・・・は「うる星」と「めぞん」だけかな?
しかし、こずえちゃんのこのシーンは・・・
改めて、涙腺刺激されっぱなしっすよ。

しかし、実写版映画じゃなくてホッとしました。
 
Re: はいっ、当然全巻持ってて感動してましたよ。 
地味JAM尊さん、書き込みありがとうございます。
四谷さん、良いキャラでしたね!1巻はまだ管理人さんのキャラがはっきりしていない感じに思いました。僕はこずえちゃんが好きでした。このシーン、「めぞん一刻」の物語を終結させる為には避けて通れない悲劇だったと思います。
実写版というのは、存在自体を知りませんでした。
ついに出た、めぞん一刻 
以前、Bach Bachさんが『翔んだカップル』を書かれた時に、
次は『めぞん一刻』をリクエストしていたことを思い出しました。
全15巻の物語で、読み始めた時はまだ途中だったので、コミックを1巻、1巻買って行きました。
7巻を過ぎた頃からは、コメディなのかシリアスなのか、そのどちらも面白くて、ドキドキして。
ほとんど漫画は読まないのですが、これは自分の中での最高傑作ですね。
海外でも凄く人気が高く、HPが出来ていたりします。
ジャパンアニメが外国に進出した、きっかけとなった作品でしょう。

自分の結婚が丁度この時期だったものですから、一層、思い出深くて。
当然、伴侶も夢中になって読んでました。男とは、異なる感覚かもしれないけど。
その後、誕生した自分の子供が青春時代に、僕の本棚にあった『めぞん一刻』15巻を読みふけっていた時は、なんとなくじーんときましたね。
Re: ついに出た、めぞん一刻 
AKISSHさん、ご無沙汰しています。書き込み、有難うございます。

お約束、ようやく果たすことが出来ました(^^)。夢中で読んでしまう漫画ですよね。僕もリアルタイムで、管理人さんを温泉に追いかける話あたりからは全部週刊誌で読んでいたのを覚えています。でも、ビッグコミックスピリッツは「めぞん一刻」しか面白いものがなくて、ほとんどが回し読みでした。僕はヤンマガ担当だったかな?

読み返してみると当時とはまた違う印象を受けて、とても新鮮でした。

01 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS