FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『SANTANA / Ⅲ』

SANTANA 3 1971年発表、サンタナのサードアルバムです!これもセカンドアルバムと同じで、若いころに聴いた時はあと一歩と思っていたんですが、いま聴くと強烈、メッチャいい!!いや~この荒ぶる感じと押し引きの見事さ、たまらんです。サイケデリックの自由さ複雑さ、ロックの熱気、サルサやアフロキューバンの強烈なグルーヴ(実際、ティト・プエンテの曲のカバーもしてます)、フュージョン・ロック一歩手前のエレクトリック・インストの自由自在なカッコ良さ、西アフリカ音楽のような打楽器群のアンサンブルのすごさ…いやあ、初期のサンタナに外れなし、ものすごいです!
 文句なしにおすすめのアルバム!でも、若いころにマイナスに思った所も、なんとなく分かりました。曲がアメリカン・ソングフォームでなくて長尺なものが多く、それがアンサンブルパートよりもアドリブパートが多いので、なんとなく聴いていると、それぞれの曲のキャラクターがぼんやりしちゃって曖昧に聴こえたんじゃないかと。コードとリズムを決めて、あとはアドリブという箇所が多いんですよね。ジャムセッションみたいなもんで、構造が弱いな、みたいな。曲のテーマメロディもアドリブっぽい(というか、たぶんアドリブ)ものが多いです。ジャズのハードバップとかフリージャズもそうなんですが、こういうアドリブの比重が極端に高い音楽って、聴く側も演奏にかなり入り込まんで1音1音を捉えないと、大きく聴いてしまったら構造は単純だし弱いので、すぐに音楽を逃がしてしまうんだと思います。だから、聴く側の集中力が大事な音楽なんじゃないかと。
 でも、集中して聴きさえすれば、やっぱり素晴らしいアルバムです。初期サンタナに外れなし!これも間違いなくロック全盛期の大名盤!しかしこの翌年にさらにすごい最高傑作を作ってしまうんだから、サンタナは本当にすごいなあ。


関連記事
スポンサーサイト

Comments
再認識 
実は、サンタナを好きといいつつ1st~3rdの3枚は、断片的にしか聞いたことがないのです。もちろん、ロータス伝説や海賊版ライブ、最近ならYouTubeで有名どころの曲は散々聞きましたが、よく考えるとオリジナルを聞いてない曲が多い。
昔は、自分か友人が所有していないと聞くことが不可能でしたから。
Bach Bachさんの記事をきっかけに、正月で暇だったこともあり3枚を通して聞きました。

いや、いいですね。特に、1枚目の荒削りな曲たちが。
やはり自分はグレッグ・ローリーが好きだったんだなと再認識しました。
あと2ndの「Incident At Neshabur」。オリジナルが既に抜群にかっこいい。

今から大学生になれるなら、絶対、この時期のサンタナコピーバンドをやりたい。
でも、当時聞いていてもここまで感心したかな。意外と大人向けじゃないでしょうか。
ここまで来たら、次はあれですか?
Re: 再認識 
AKISSHさん、書き込みありがとうございます。寒すぎるもので、サンタナのヘビーローテーションで熱くしてます(^^)。

初期のサンタナは、ウッドストックも含めて抜群ですよね!リズムセクションが強烈、オルガンとギターがメッチャかっこいい、曲もアルバム構成もすごい、ライブでのパフォーマンスも抜群と、文句のつけどころがないです(^^)。こんなに素晴らしい音楽を聴かせてくれてありがとうという感じです(^^)。

「Incident At Neshabur」、すっごいですよね!ライブもオリジナルも大好きです!実は僕、サンタナの曲をライブでやった事があるんですが、やっぱりデジタルシンセのなんちゃってオルガンではぜんぜん迫力が出ませんでした(^^;)。あと、打楽器チームが何やったってかないません(^^;)。

「次はあれ」というのが、順番通りのあれだとしたら、もちろん書きますよ!


09 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS