FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: PC・PCソフトなど > ProTools・Sonic関連   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

Melodyne 4 で、ノートエディター画面でピッチが一定に表示されてしまう

Melodyne4_essential.jpg Merodyne 4 を使い始めて、いきなり戸惑ったのがこのトラブルです。マニュアル動画を見ると、音声を取り込むと自動でピッチがその高さに表示されてるんですが、僕がやると全部おなじ音程になって表示される(>_<)。ひたすら調べても分からず、これは「Assistant」という安いやつを使ってるから機能制限されてるんじゃないかとすら疑い始めたんですが、ある時、いきなり出来た!試しにもう一回やってみると…また駄目だ。なんじゃこりゃ。パソコン音痴の僕は泣きたい気持ちです。

 しかし、あれこれやってみて、いきなり解決しました!Merodyne の設定に「アルゴリズム」という所があります。選択肢は4つで、初期設定は「自動」。ほかに、「melodic」「polyphonic」「percussive」があるんですが、これを「melodic」に切り替えてみたところ…おお~出来た!音程がぜんぶ同じ高さで表示されて困ってしまった時は、「アルゴリズム」を「Melodic」にしてみてください!
 つまりですね…僕の場合、ライブ演奏を録音したもののヴォーカルのピッチ直しを編集しようとしたため、ヴォーカルにピアノの音が被って入っていて、これで「自動」モードだとパーカッシブと判定されてしまったんじゃないかと。こういう事があるんですね(^^)。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

08 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS