心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Yardbirds / Roger the Engineer』

The Yardbirds Roger the Engineer エリック・クラプトン脱退後の新生ヤードバーズ、1966年発表のアルバムです。この前に『HAVING A RAVE UP』というアルバムがあるんですが、B面があの『ファイブ・ライブ・ヤードバーズ』からのセレクトという事で、同じものをふたつ買うほど余裕がなかった若いころの僕は未聴。それにしても、クラプトンが抜けてジェフ・ベックが入るとは、ついているグループですね(^^)。

 このアルバム、僕にとってはつかみどころのないアルバムです。けっこういいなと思ったのは1曲目「Lost woman」2曲目「Over, under, sideways down」まで。4曲目「I can't make your way」とかを聴くと、なんだこの素人はとズッコケます(^^;)。その次の曲「Rack my mind」のジェフ・ベックのギターソロがカッコいい。と思ったらその次は幼稚園の学芸会のような音楽。デタラメすぎて意味が分かりません(;_;)。他にもアイドル路線っぽい曲も入ってれば、R&Bの進化したみたいな音楽もあるという無軌道さ。これが当時のヒップな感覚なんでしょうか。いやいや、狙ったんじゃなくて、まとめきれてない…んですよね、きっと(^^;)。 
 時代がポップスやロックの過渡期だったのかも。ビートルズとかって、今でこそ音楽として聴かれますが、当時はアイドル的な受け入れられ方ですよね。アイドルといってAKBやジャニーズを想像するとピンとこないかもしれませんが、タイガースとかチェッカーズみたいな、自分で曲も書くし演奏もするアイドルの日本での受け入れられ方を想像すると、なんとなくこういう感じだったんだろうな、と思います。そしてこのちょっと後になると、レッド・ツェッペリンとかクリームとかジミ・ヘンドリックスとかが来るわけで、アイドルじゃなくって音楽や演奏で勝負という実力勝負のロック・ミュージシャンの波が来ます。この、アイドルから実力勝負のロック黄金期の移行期に生まれたアルバムという感じでした(^^)。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

04 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS