FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Yardbirds / Live Yardbirds』

Yardbirds_Live Yardbirds 1曲目から今までのヤードバーズとは大違い、メッチャクチャかっこいい!これはもう別のバンドだよ…。1968年のヤードバーズのライブアルバム、かつては恐ろしいほどの高値で取引されていたブツです!この時期は、クラプトンに次いでジェフ・ベックまでバンドを去り、ほとほとギタリストに嫌われるバンドかと思いきや、次に入ってきたのがジミー・ペイジ。なんとついているバンドなんだ(^^)。ちなみにジミー・ペイジというのは、このあとハードロック最高峰のバンドのひとつとなるレッド・ツェッペリンを結成することになったギタリストです。

 驚くのは、ジミー・ペイジのプレイ。フォークかR&Rみたいな事ばかりやっているこの時代のイギリスのポップ・シーンで、飛び抜けてうまいギタリストだったんだなと思わされました。いや、うまいというのとはちょっと違うかも…上手下手というより、やってる事のレベルが違う感じ。クラプトンはうまいけどブルースペンタ以外は弾きこなせないし、ジェフ・ベックは和音になるとまだ前時代的な演奏の仕方をしている状態。ところがジミー・ペイジのギターは和声も旋律も同時に演奏するもので、ほとんど一人でヤードバーズのオーケストレーションを作ってます。うまい下手というよりも、ひとりでオーケストレーションを作ることが出来るプレイスタイルなんですね。コード進行もソロもオブリもサウンドメイクも、ぜんぶギター。これがすべてで、作曲やアレンジの才能も、前任者ふたりの上をいってる感じ。
 そしてこのアルバム、ほとんどレッド・ツェッペリンです。ツェッペリンのファーストに入っていた大名曲「Dazed and Confused」をもうやってるし。ドラムもベースもうまいので、ヴォーカルさえ差し替えればこのままツェッペリンと同等の音楽が作れたんじゃないかと思います。あ、でも、キース・レルフさんはヴォーカルは弱いけど、ハーモニカはメッチャかっこいい!60年年代のブリティッシュ・ビートのバンドはヴォーカルがハーモニカを吹くのがスタンダードになってますが、その中でもトップクラスにうまいんじゃないでしょうか。もう、音がぜんぜん違う(^^)。
 今回、ヤードバーズを聴いていたら、ビートルズやストーンズみたいなR&RやR&Bのアマチュアバンドがうじゃうじゃいたイギリスのポップ・ロックのシーンが、どうやってディープ・パープルやツェッペリンやクリムゾンみたいな驚異的なバンドを生み出すところまで行ったのかが何となく分かった気分になりました。僕の中では、ヤードバーズ最高傑作はダントツでこれです! いちばん聴かれてないアルバムでしょうけど(^^;)。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS