『KRONOS QUARTET / BLACK ANGELS』

KronosQuartet_BlackAngels.jpg クロノス・カルテットは、現代曲を専門に演奏する弦楽四重奏団。僕が高校生の頃、小遣いが貯まると近所のレコード屋に足繁く通ってハードな音楽のCDを買いあさっていたのですが、そのよく行く店の店長さんから「クロノス・クァルテットって、知ってる?」と教えてもらいました。どんな音楽なのか訊くと「う~ん…すごいアヴァンギャルドなんだよ」という事。で、店長さん、新品の封を切って(^^)、僕に聴かせてくれたのがこの『ブラック・エンジェルズ』。…啞然。凄すぎて、声も出ない。。もう、ぶっ飛びました。で、即買ったのですが、あれ、買わなかったら、封を開けたまま新品として売り続けてたんだろうか?

 白眉は、なんといっても1曲目のジョージ・クラム曲「ブラック・エンジェルズ」です!冒頭のヴァイオリンの気狂いじみたトレモロ、急転直下のメゾピアノの後に奏者自らが囁く声のピチカート…素晴らしいとしか言いようのない体験でした。クラムという作曲家を知ったのは、この時が初めて。あまりの衝撃に、クラムの音楽は追いかけまくる事になりました。。
 また、アルバム全体のバランスもいい。他にも、チャールズ・アイヴスというアメリカの前衛の走りみたいな作曲家の曲とか、ショスタコーヴィチの曲とか、なかなかセンスのいい選曲をしています。大アバンギャルドの直後に、旧約聖書の外伝のラテン語テキストから作られたタリスの40声部のモテットのアレンジ版を持ってくるというのもカッコいい。中にはひどい外れもあって、デジタルシンセのプリセット音と、リズムマシンのこれまたプリセット音をそのまま使った曲なんかも入っています((>_<)。クラシックの人は、こういう事を恥ずかしいと思わない所がダメですね。まあこれは愛嬌という事で。

 もしかすると、本物のアヴァンギャルドに触れたのは、この時が初めてだったかもしれません。アヴァンギャルドというと、ただ単にノイズだったり、ろくに音楽が出来ない人のハッタリの方便だったりと、そういうマイナスイメージも少なからず持っているんですが、しかし理性も身体性も兼ね備えた本物のアヴァンギャルドというのは、ものすごい。クロノス・カルテットも、ジミヘンの曲をやって見たり(これが格好良ければいいんですけど、すげえつまんない)、けっこう商売っ気あることをやっちゃったり、なんというかクラシック系の人特有の空気の読めなさ加減を披露しちゃう楽団でもあるんですが、ことアヴァンギャルドものの演奏に関しては本物と思います。特にこのCDは、初期の頃のクロノスの中では、商売っ気を抜きに音楽に取り組んだ、入魂の1作と思います!



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド