FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ラフマニノフ:自作自演~ピアノ協奏曲全集』

Rachmaninoff plays Rachmaninoff 前回、「ラフマニノフの曲の演奏は、ラフマニノフ本人よりもアシュケナージの演奏の方がしびれる」なんて書いてしまいましたが、そのラフマニノフ本人の演奏というのがこれです。作曲家としてだけでなく優秀なピアニストでもあったというラフマニノフの自作自演の録音。時代もラフマニノフぐらいまで来ると、録音がギリギリで残ってるんですね(^^)。いちおう、「パガニーニの主題による狂詩曲」も、ピアノ協奏曲あつかいで収録されてます。ラフマニノフはピアノ協奏曲を4番まで書いてるので、5曲収録ということですね(^^)。
 しかし、録音が古いし、またマイクもけっこう遠くに置かれてるみたいで、僕の耳では和弦の音もピアノの1音1音もぜんぶ聴き取るのは不可能。でも逆にいうと、オーケストラって和弦に関してはそういうふうにひびかせたいと思ってると思うので、声部書法以外のところはむしろこのムードの方がいいんじゃないかとも思ったりして(^^)。なんといっても、ラフマニノフ本人のピアノが聴けるというオマケまでついてますしね。

 さて、そのラフマニノフ本人のピアノですが…ピアノ協奏曲だというのに、けっこうスコアからはみ出た自由奔放な演奏。チェロのカザルスなんかもそうですが、昔って演奏がかなり個性尊重というか、場合によってはスコアの指示をさえ乗り越えて自由に演奏しちゃうことが多いみたいです。作曲家本人ですらこうなので、当時はそういう風潮だったんでしょうね。そしてラフマニノフ先生、それなりにミスがあります。ラプソディの例の場所でも隣の鍵に触っちゃってますし(^^;)。でも、音楽はすごくいい歌い方をしてるんですよ…これは勉強になったというか、今が音楽性よりも間違えない事、スコアの指示と違わない事、怒られない事に神経質になりすぎなんじゃないかと思いました。それって演奏家や音楽家の問題だけでなく、聴く側の態度がそうだからそうなるという問題でもある気がします。
 歴史的録音って、やっぱり録音のまずさが一番のネックだと思いますが、歴史的人物の演奏ばかりは変わるものがないので、歴史録音に頼るしかないですよね。その中で、ラフマニノフの自作自演なんて、素晴らしい遺産じゃないかと思います。今のラフマニノフ演奏との違いも色々と分かって、ラフマニノフの研究をしたい人にはマストアイテムじゃないかと(^^)。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

08 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS