心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『アシュケナージ(pf) / Rachmaninov: Complete Works for Piano』

Rachmaninov Complete Works for Piano Box ラフマニノフのピアノ作品を全集で揃えるとしたら、やっぱりアシュケナージ演奏のものでしょう。その決定作がこれ!ピアノ独奏曲だけじゃなく、2台ピアノ、ピアノ協奏曲、そしてパガニーニの主題によるラプソディ、交響的舞曲の2台ピアノ盤などもすべて収録されてます。

 普通の全集だとひとつの曲にひとつの演奏とするものですが、この全集はアシュケナージ演奏でデッカからリリースされたものはダブっていてもほぼ全部収録しています。唯一入ってないのが少し前に書いたプレヴィン指揮ロンドン響による4つのピアノ協奏曲とパガニーニの主題によるラプソディの5曲なんですが、この5曲だけ別途買い集めれば、アシュケナージが人生で心血を注いだ入魂のラフマニノフ・ワークスがコンプリート出来るわけです(^^)。プレヴィン指揮のものを持っている僕としては、ダブらなくてすんで大ラッキー(^^)。そしてやっぱりラフマニノフのピアノ協奏曲2番は素晴らしい…プレヴィン指揮アシュケナージピアノ版はさすがに絶品ですが、こちらに収録されているハイティンク指揮コンセルトヘボウ管弦楽団アシュケナージpf もメッチャ素晴らしいです。いやあ、ため息出ちゃうなあ…

 ピアノ協奏曲に関していうと、趣味じゃなくてリファレンスにするとか、スコアを研究したいとかなら、音がちょっとにじんでダイナミックレンジが狭いプレヴィン指揮盤よりも、新しい録音のハイティンク指揮盤は、それぞれの音が聴こえやすくていいです。また、他のピアノ曲も、ラフマニノフを演奏する時のアシュケナージは違いますね、楽譜の読み込みも演奏の練度もぜんぜん違う感じがします。ただ、これを買った僕の感想は…このボックスの良しあし以前に、僕はそこまでラフマニノフを好きなわけじゃないんだなと思ってしまいました。保守すぎて刺激的でないという事と、常に抒情に走るところが流行作曲家のようでね(^^;)。物語の進行もマーラーのようにくどいというかしつこいというか…だから、ピアノコンチェルト2番とか、たった1曲だけ甘ったるいロマン主義音楽に浸りたい時はいいんですが、連続で聴くとケーキを連続で10個食わされてるような気分になっちゃいました(゚ω゚*)。
 ラフマニノフって、ミュージシャンズミュージシャンというより、大衆に支持され続けて生き残ってきた作曲家なんでしょうね。そういうラフマニノフ好きな人たちにとって、CD11枚組のこれは家宝レベルの素晴らしいボックスではないかと。ラフマニノフや後期ロマン派音楽が好きの方は、自分へのご褒美としてぜひ!

関連記事
スポンサーサイト

Comments

04 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS