心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Robert Nighthawk / Bricks In My Pillow』

Robert Nighthawk Bricks In My Pillow 前回書いたロバート・リー・マッコイの戦前録音に対して、このレコードは1951~52年という戦後の録音。名前もロバート・ナイトホークに変わって、楽器もエレキギターに持ち替えてバンド・ブルースをやってます。バンドはエレキ・ギターにピアノ、ウッドベースにドラム。ほとんどシカゴ・バンド・ブルースです。とはいえ、シカゴブルースにそんなに詳しいわけじゃないんですが(^^;)。

 ちょっとビックリしたのは、ほとんどロックンロールの曲が演奏されてる事。あれ?チャック・ベリーがMaybelleneを演奏したのって1955年、ジョニーBグッドで1958年、プレスリーのハウンドドッグが1956年でしたよね?いや~、それより前にほぼロックンロールといっていい音楽があったんですね。あと、バンドブルースがけっこうカッコいいです。アップテンポもやるし、ボ・ディドリーみたいな太鼓まで出てくる時がありますが、僕的にはスローブルースがいちばんしっくり来ました。単音のスライドギターがビヨンビヨンいってます。

 すごく安定したバンドブルース。でも聴きようによってはあんまり個性のない普通のシカゴブルースのバンドみたいに思えちゃうかも。でも、ブルースでエレキギターが使われた走りみたいな時代の録音だし、いま聴くのとは違って当時はカルチャーショックを与えた音楽だったのかも。マディ・ウォーターズやエルモア・ジェームスはナイトホークを真似てエレキギターやバンドブルースを演奏するようになったそうだし、果てはスライドギターまで真似てます。ボ・ディドリーのビートみたいなのがナイトホークのバンドを真似したのかどうかは知りませんが、ボ・ディドリー登場前にああいう事をやってたのも事実。チャック・ベリーやプレスリーの登場より前に、ほとんどロックンロールな音楽も演奏してます。ブルースのラジオ番組を持っていたことがあるそうだし、もしかすると、アコースティック・ブルースからエレクトリックなバンド・ブルースに変わる時代に、アメリカの黒人音楽に大きな影響を与えた人だったのかも。

 あ、そうそう、アルバムタイトルの「俺の枕に入ってるレンガ」ってどういう意味なのかと思ったんですが、Brick には「麻薬」のスラングでもあるそうです。こんなのアルバムタイトルにしたら、日本だったらすぐ発禁、家には警察が飛んでくるでしょうね。ブルースってやっぱりアンダーグランドなドスの効いた音楽だわ(^^)。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

06 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 おお~若い頃にしびれて聴きまくったウディ・ハーマンのレコード、14曲プラスのCDなんてあるのか?!もともとベスト盤みたいなアルバムだったし、伝説のセカンド・ハード~サード・ハードの録音もギッチリ入ってるみたいだし、買っちゃおうかな… intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS