FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > テレビ番組   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

TVドラマ『探偵物語』 松田優作主演

tanteimonogatari_TV.jpg やっぱり「探偵物語」といったら、工藤ちゃんですよね!あのハードボイルドなアクション俳優・松田優作が喜劇を演じたという伝説的なドラマ、メッチャ面白かった!子供のころ、夢中になって観たテレビドラマがいくつかありますが、僕的にはこれか「ゆうひが丘の総理大臣」のどちらかがナンバーワン。再放送があるたびに絶対に観るほどの熱狂的なファンっぷりで、DVDボックスが出た時には飛びついて買ってしまいました(^^)。

 物語は探偵のところに舞い込んでくる依頼を探偵が解決していき、その中に人間ドラマが起きるという展開。喜劇といっても話そのものはしっかり作ってあるものが多くて、笑える部分はちょっとしたセリフのやり取りとか、ライターの火がやたら大きいとか、手錠を外しちゃうとか、そういう細かいところだけです。あ、あと、次週予告がふざけてて、これもめちゃ面白かった(^^)。で、そういう笑える部分は、ほとんどがアドリブだったそうで。アドリブといえば、最終回の「昔、女がいて…」という伝説のひとり芝居の部分、あれも優作さんの完全なアドリブで、台本には何も書いてなかったんだそうで…すごい、そのアドリブ能力はマイルス・デイヴィスもビックリだよ。そしてアドリブやら細かいギャグやらが物語を流れるように楽しく見せる潤滑油の役割を果たしていて、1時間があっという間、ケラケラ笑いながら観てました。僕は松田優作初体験がこれだったもんで、あんなハードボイルドな人だったというのはあとから知ったぐらいでしたし。

 役作りも魅力的。30歳前後の男が、ボロボロの探偵事務所に一人暮らししていて、隣にはかわいい女の子が住んでいてたまに電話番を手伝ってもらったり。街には入れ墨もんがいたり、ポン引きがいたり、そういう人ともうまい事やって友だちだったり。なんか、そういう生き方をしてみたくなるような魅力がありました。このドラマの大きなテーマは「街の人間模様」だと思うんですが(オープニング曲には「Bad city」、エンディングでも「Big City」なんて詞が出てくるし、各話タイトルも「サーフシティ」に「ダウンタウン」ですからね)、とにかくドラマの中で人が生き生きと生きてる感じが素晴らしかったです。優作さんって、演技がうまくないというコンプレックスがすごくあって、それだけに役作りには死ぬほど拘る人だったらしいです。その成果は、このドラマに見事に結晶したんじゃないかと。
 そして、コメディ色の強いドラマだけに、たまにシリアスになる話がコントラストになってグッときます。最終回「ダウンタウン・ブルース」がハードボイルドなのは有名ですが、制作1話(放送2話)の「サーフシティ・ブルース」も見事なドラマ。失踪した男の影を負う女の物語「影を捨てた男」、范文雀の恨みに燃える未亡人の演技が見事な「復讐のメロディ」、悪女になりきれない女を演じるホーン・ユキ登場回「誘拐」など、脚本も素晴らしいものがひしめいてます。日本のテレビドラマに残る大名作、観てない人は必見、観た人も100回ぐらい見直す価値のあるドラマだと思います!

関連記事
スポンサーサイト

Comments
 
Bach Bachさん、こんばんはー。
これはリアルで見てましたねー。高校の時の再放送も。
深い意味はまるでわかってなかったから、今見ると全然違う発見があったり、面白いと思ってたことが全然つまらなかったりするのでしょうけど。
このSHOGUNの影響でAB'sや芳野藤丸を聴いたり、松田優作がべた褒めしてたとこからARBやアナーキーを聴くようになったりもしました。

ARB! 
goldenblue さんこんばんは、書き込みありがとうございます!

いま見て面白い事のひとつは、どれがアドリブでどれがセリフなのが何となく分かる所も、でしょうか。松田優作にアドリブで切り返されて素でびっくりした顔をする山西道広さんとか、かなり笑えます(^^)。おっしゃるとおり、今見ると時代と合ってなくて笑えなくなってるところとかもあります。

ARB は松田さんが買ってましたね。「ア・ホーマンス」ではほぼ主演に抜擢してましたし、あのへんの日本のロックミュージシャンと役者の相関関係はけっこう面白いですよね、内田裕也さんとか。

08 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS