心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Cream / Wheels of Fire』

Cream Wheels of Fire 1968年発表のクリームのサード・アルバムは2枚組!1枚目がスタジオ録音で、2枚目がライブ。とうとうクリーム驚異のライブ演奏がレコードで登場という1枚だったわけです(^^)。あの有名な「クロスロード」の演奏も、このライブサイドに収録されています。学生の頃、ロック・ギターのとんでもなくうまい先輩がいまして、その人が「ギターのアドリブソロでいちばん好きなのはクリームのクロスロードだ」なんて言ってました。ギターじゃない僕には、先輩のいってる事の半分も理解できませんでしたが、ギターを演奏する人には何かすごい所のある演奏なんでしょうね。いかにもクラプトンがロックに攻める時のソロアドリブ、って感じです(^^)。
 1枚目のスタジオ録音では、「ホワイト・ルーム」なんかの名曲も入ってます。でもやっぱりスリーコードの曲が多いので、いくらいいゼクエンツを作っても、さすがにアルバム3枚目となると飽きてしまいました(^^;)。ブルースの曲のコピーか、ジャック・ブルースかジンジャー・ベイカーの書いた曲のどれかなんですが、もう少し作曲面に工夫があったらクリームはさらにすごいバンドになったんじゃないかと思います。そんな中、サイケな「As You Said」はメッチャ面白い曲!でも、こういう曲になると今度は演奏が駄目になって、アドリブが構成音ぐらいしか使えなくなるのが、ジャズなりクラシックなりのインプロヴィゼーションを勉強してないクラプトンの限界なんでしょうね。ジミヘンもここを突破できなかったし、ジャズとの差は和声とインプロヴィゼーションの関係という理論面にあったんじゃないかなあ。知らない事で定型以上の事が出来ない不自由さがあるというか。そういう意味でいうと、サイケの時代、ある程度以上の演奏レベルをキープしたまま、転調部分の作曲なりアドリブ演奏を突破できたグループっていなかったのかも。…あ、ディープ・パープルキング・クリムゾンがいますね(^^)。
 そして2枚目のライブ、これはクリームの魅力全開!アドリブ演奏に突入したらものすごい白熱度、10分でも15分でも止まりません(^^)。ほぼ構成音とワンスケールと経過音だけのアドリブですが、考えるよりも先に手が出る疾走感が凄い!いや~これは何度聞いても全員カッコいい!この2枚目は絶対に聴くべし!!
 僕がこのアルバムをはじめて聴いたのは中学生の時でしたが、これをきいてなかったらアドリブ炸裂のジャズに走る事もなかったんじゃないかと。クリームを体験した事で、今まではテレビや映画で聴く音楽しか知らなかった僕の目の前に、まったく知らない音楽の世界がどんどん開けて行きました。コードをジャカジャカ弾く程度のそれまでのロックに、プレイやインプロヴィゼーションのすごさで魅せてしまうという新しい領域を作りだした歴史的なアルバム。スタジオサイドは若干かったるいですが、ライブサイドは強烈のひと言で、間違いなくロックの大名盤の1枚、おすすめです!

関連記事
スポンサーサイト

Comments
私の初クリーム 
・・・にして、ラストクリーム。
ハードロックバリバリの大学生の頃に中古レコード買いました。
つまらなかったという感想でして。特にライブの方がつまらないと感じた大学生の私でした。今なら耳も大人になったから違う感想を持つんだろうけど、アレ以来クリームは聴いていないんです、ハイ。
Re: 私の初クリーム 
ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!

あら~ライブサイドつまらなかったですか。まあでもたしかに、僕もはじめて聴いた中学生の時には「?」って感じだったかも。
一本調子な上に長いので、キャッチーでコンパクトなロックが好きな人にはつらいかも。ジャズでもロックでもクラシックでも、インプロヴィゼーションって、聞き手を選びますよね。

ボネ太郎さんの趣味的には、他のクリームのアルバムもつまらなく感じる気がします。それでもボネ太郎さんに合うとしたら、「LIVE CREAM Volume 2」の1曲目かな?

04 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS