心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > サントラ etc.   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

『Footloose / Original Soundtrack』

Footloose Original Soundtrack うちにある80年代のロックのレコードを聴いていて気づいたのは、自分の青春時代まっただ中の80年代、リアルタイムの音楽で僕が好きだったのはクラシックで、ロックやジャズは50~70年代のものの方が好きだったのかも(^^;)。でも、リアルタイムで聴いていた洋楽もありました。たとえばこれ、1984年のアメリカ映画のサントラです!

 僕はこの映画を観てないんですが、サントラは流行してました。このアルバムに入ってる曲だと、ケニー・ロギンスの「フットルース」はもちろん、ボニー・タイラーの「Holding Out For A Hero」に、Moving Pictures の「Never」あたりも大ヒット。といっても、超安っぽい日本のテレビドラマの主題歌としてね(^^;)。「金曜日の妻たち」「スクールウォーズ」「不良少女と呼ばれて」…なんて言っても、同世代の人じゃないと分からないですよね(*゚∀゚)アハハ。これらの曲は、アレンジすらほとんど変えずに日本語訳だけして完コピーされ、日本のテレビドラマの主題歌に使われてたんです。そんなわけで、映画を観ていなくてもアルバムを持っていなくても、みんなこのアルバムの半分以上の曲を知っている状態でした。
 僕にとっては、音楽が時代をあらわすという典型の1枚です。このサントラが流行した頃は僕の学生時代とピッタリ合っていて、楽しい思い出が多いんです。ボーリング場とかロッテリアとかゲーセンとか、友だちや彼女と楽しく過ごした場所で、こういう音楽がずっと流れてました。スネアにすごいリヴァーブをかけて「バ~~~~ン!」みたいに鳴ったり、デジタルシンセでストリングスやベースの代用をしたり、いま聴くと軽薄に聴こえるけど当時はこれが軽妙に聴こえて、そこが85年という浮かれた時代にピッタリ(^^)。すごく楽しい時代の空気がギッチリ、聴いてるだけで懐かしくって涙が出てきちゃいます。

 当時の日本は、疑いもせずにアメリカ文化をそっくりそのまま受け入れた戦後最大の時期だったと思います。音楽という文化的なものまでアメリカ製のまま無条件で受け入れて、そのままテレビドラマの主題歌に使われるほどでしたから、思考停止もここまで来たら大したもんだよというほど(^^;)。でも、それを思考停止とすら思わないぐらいの幸福な空気感だったんです。でもそういう無意識に刷り込まれたアメリカ文化万歳な感覚は、僕の場合は90年の湾岸戦争で吹き飛んでしまいました。どこか地に足がついてない感じの正体が、いきなり分かった感じ。イラクに飛び交う無数の銃弾をリアルタイムで見せつけられて「実は本当の現代史って…」みたいなところを否応なしに考えさせられて、はじめて学校の教科書じゃない世界史の本を読んで、その瞬間に僕の中で搾取と犠牲の上に成り立っている現代のローマの幸福が終わったのでした。実際、それまでの僕は本気で「和食きらい、ハンバーガーすき」「邦楽ダサい、洋楽かっこいい」ぐらいの感覚だったんですよ(^^;)。

 それでも僕にとって、バブルの弾ける直前の5~6年が実際に幸福だった事は事実で、その幸福な時代の空気感がこのサントラにギッチリ詰まってる感じです。この心地よさって、フィフティーズのそれに似てるかも(^^)。



*追記:ブログ友達の方からコメント欄に書き込みをいただきました。ありがとうございます!その返答にちょっと荒っぽい推論を書きましたので、以下に転記しておきます!

「 僕も80年代のロックは明るくないのですが、レコードからは共通する傾向が聴こえてきますね。これってバンドやミュージシャンの意向以上に、レコード会社の方針が強く反映されているからかも知れません。80年代はフォークロアもインディーズも弱いので、仮に色んな音楽があったとしても、レコード会社の検閲を通ったもの以外は一般には届きにくかったんだろうな、と思いました。実際、ものすごくアンダーグラウンドですけど、アメリカ80年代のノイズ系とか90年代のクラブ系とか、相当に素晴らしいです。でもそういう音楽って大手レコード会社の流通に乗らないので、自分で深く探して聴く人以外には、そういう音楽はまったく無視されてますよね。あるけど、ないも同然にされてるというか。

 テレビラジオもレコードもアメリカの音楽産業の傾向は、ジャズもロックも、ジャズエイジの頃から変わってないように感じます。基本姿勢は「音楽を聴かない人にもわかりやすいもの」「はやく生産が出来て次々に消費できるもの」「消費者の需要の範囲で、すこしだけ違う似たもの」なんじゃないかと。ここにゆらぎが生じる理由は、背景にある商業主義の揺れの事で、戦争なんかの大きな事件が起こると、産業音楽よりも民間音楽が目立つようになる時があって、その時だけ「変わった」ように見えるだけで、実は産業音楽自体は変わっていないのだと思います。または、そういう時だけ主張ある音楽が売れるようになるので、その時期だけレコード会社がそういう音楽を拾う、みたいな。

 アメリカで産業音楽が支配的になる時代って、ジャズエイジのジャズ、50年代のハードバップやフィフティーズ、80年代のロック・ポップスに共通するところで、つまり1次大戦後のひとり勝ち、2次大戦後のひとり勝ち、ベトナム戦争の傷が癒えた時期とピッタリ重なっています。つまり、そういうことです。」

関連記事
スポンサーサイト

Comments
80年代ロック 
一連の80年代ロックシリーズを聞いて、出てきました。
私も80年代のロックは、ロックに興味を失った時代だったので覚えてないのです。
と思ってYouTubeで Footloose を聞くと、大部分聞いたことがありました。
ケニーロギンスの話を最近ブログで書いて、ほとんど記憶がないと思っていましたが、聞いたことがあったけど曲として記憶が認知していなかったのか。
リズムマシンのサウンドが延々と続くのは、苦痛だったから体が拒否していたかも。

アメリカも考えると、ウォール街、WW2、ベトナム戦争、湾岸戦争、9.11と、光と影を繰り返していて、これがそのまま音楽にも反映しているのは、素直なお国柄なのでしょうか。
Re: 80年代ロック 
 AKISSH さま、書き込みありがとうございます。暖かくなってきましたね!

 僕も80年代のロックは明るくないのですが、レコードからは共通する傾向が聴こえてきますね。これってバンドやミュージシャンの意向以上に、レコード会社の方針が強く反映されているからかも知れません。80年代はフォークロアもインディーズも弱いので、仮に色んな音楽があったとしても、レコード会社の検閲を通ったもの以外は一般には届きにくかったんだろうな、と思いました。実際、ものすごくアンダーグラウンドですけど、アメリカ80年代のノイズ系とか90年代のクラブ系とか、相当に素晴らしいです。でもそういう音楽って大手レコード会社の流通に乗らないので、自分で深く探して聴く人以外には、そういう音楽はまったく無視されてますよね。あるけど、ないも同然にされてるというか。

 テレビラジオもレコードもアメリカの音楽産業の傾向は、ジャズもロックも、ジャズエイジの頃から変わってないように感じます。基本姿勢は「音楽を聴かない人にもわかりやすいもの」「はやく生産が出来て次々に消費できるもの」「消費者の需要の範囲で、すこしだけ違う似たもの」なんじゃないかと。ここにゆらぎが生じる理由は、背景にある商業主義の揺れの事で、戦争なんかの大きな事件が起こると、産業音楽よりも民間音楽が目立つようになる時があって、その時だけ「変わった」ように見えるだけで、実は産業音楽自体は変わっていないのだと思います。または、そういう時だけ主張ある音楽が売れるようになるので、その時期だけレコード会社がそういう音楽を拾う、みたいな。
 アメリカで産業音楽が支配的になる時代って、ジャズエイジのジャズ、50年代のハードバップやフィフティーズ、80年代のロック・ポップスに共通するところで、つまり1次大戦後のひとり勝ち、2次大戦後のひとり勝ち、ベトナム戦争の傷が癒えた時期とピッタリ重なっています。つまり、そういうことですよね、きっと。



ひぇぇぇぇぇ:(;゙゚'ω゚'): 
凄い、お二人とも凄いです!
たかがフットルースのサントラからアメリカの音楽を紐解くとか! 着目点が。
私なんか、同じサントラをネタにこんなことを書くのが精一杯です
http://takaoy1.blog.fc2.com/blog-entry-576.html

Re: ひぇぇぇぇぇ:(;゙゚'ω゚'): 
ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!南野陽子、僕もメッチャ好きです。シングルでは「はいからさんが通る」が最高。あれ、いつか映画も観たいと思っています(^^)。

ボネ太郎さんのいうとおり、いいサントラですよね。
80年代から30年たって聴くとさすがに客観視できるので、何故これをいいと感じるのか、そこに興味を持つのか、消費財として過去に流すのかのだけの事だと思います。普通はボネ太郎さんのように流して卒業するんでしょうし、そうあるべきなんでしょうね。
だいたい、30年たったこのサントラをマジメに語ってる方が気持ち悪い(^^;)。

06 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 おお~若い頃にしびれて聴きまくったウディ・ハーマンのレコード、14曲プラスのCDなんてあるのか?!もともとベスト盤みたいなアルバムだったし、伝説のセカンド・ハード~サード・ハードの録音もギッチリ入ってるみたいだし、買っちゃおうかな… intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS