心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > テレビ番組   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

TVドラマ『私が愛したウルトラセブン』

WatasigaaisitaUltraSeven.jpg 僕の目が、作品としてのウルトラセブンだけでなく、そのバックステージにも目がいくきっかけとなったテレビドラマです。放送は1993年、スペシャル番組の形でした。ウルトラセブンの大ファンだった僕は、放送から何十年も経っていきなりウルトラセブンを題材にしたテレビドラマが作られた事に大興奮、夢中で観ました。名作のリメイクとか続編って外すことが多いですが、これは感動するほどに素晴らしかったです!

 ウルトラセブンの制作現場にスポットライトが当たっていて、半分フィクション、半分ノンフィクションという感じです。いいものを作ろうと夜通し奮闘するスタッフ、仕事以外にも青春の葛藤があるまだ若い俳優たち、実社会への疑問を脚本にぶつけるシナリオライター陣…いやあ、感動しました。ウルトラセブンとか抜きにして、とても見事なドラマでした。そうそう、ウルトラセブン・ファンにとっては、本編で没になった脚本の映像化もされています。最初観た時は「こんな話セブンになかったよな」と思ったんですが、没ストーリーだと後で知って感涙もの。この話のタイトルは「300年の復讐」、300年前に妹を人間に殺された宇宙人が復讐をしようとするが、復讐する時に妹とそっくりの顔をしたアンヌ隊員に出会って…というストーリー。いやあ、セブンって没台本まで素晴らしいわ。。

 僕はセブンのリアルタイム放送時には生まれていないんですが、再放送されるたびに何度も見ていたので、本放送が終わった10年後でも20年後でも、ウルトラセブンが過去のものという感覚がなかったんですよね。でも、制作サイドからすると、ビデオのない時代のテレビドラマは、放送されたらあとは消え去るものだったんだそうです。それが、このドラマ放送でセブンが再ブレイク。セブンでヒロイン役を務め、すでに女優を引退していた菱見百合子さんにスポットが当たったり(このドラマの主役はアンヌ。アンヌさんの書いた「わたしの恋人ウルトラセブン」なんて、明らかにこのドラマからタイトルを借用してます)、翌年からセブンの続編が制作されたりしました。でも僕は、あれだけ好きだったセブンなのに、続編と言われてもまったく興味がわかず。大人になっていたというのが理由のひとつですが、それ以上にセブンは「史上最大の侵略」でのダンとアンヌの別れで終わって欲しかったですし。しかし、このドラマだけは別。安保闘争に世間が揺れ、人類初の月面着陸が間近に迫り、テレビも音楽もマーケティングやら費用対効果やらではなく製作者側のダイレクトな思いが熱く感じられた60年代後半という時代の熱気が伝わる、素晴らしいドラマでした!

関連記事
スポンサーサイト

Comments
このドラマ、当時NHKで見ましたが 
金城哲夫が主役でしたよね。当時のファンには伝説の脚本家。当然、盟友の上原正三も絡んで・・・。アンヌ役の田村英里子よりも自分は当時の制作陣の人間ドラマに引き込まれましたね。次の新マンで「金城のモグネズン」「上原のムルチ」「市川のゼラン星人」と問題提示している大名作を作った三人ですからね。
Re: このドラマ、当時NHKで見ましたが 
地味JAM尊さん、書き込みありがとうございます!

そうですね、脚本家陣にも強くスポットライトを当てたドラマでしたね。出演俳優の中では、金城さん役を演じた佐野さんの演技が素晴らしかったです。金城さんが沖縄に帰ったまま戻ってこないのを見抜いた円谷英二巨匠が、それを咎める事もなくいつでも戻ってくるように伝えるシーンは胸が熱くなりました。
ちなみに、金城さんの名前から頂いたキングジョー、神戸ではいまだにイベントがひらかれるほどの人気です(^^)。
金城さんに関しては、上原さんが金城さんの人生に書いてつづった本を出していますが、その本を読むとウルトラセブンが脚本家陣が創造的に仕事をすることのできるピークであった事がよく分かります。

新マン、僕は市川さんの「悪魔と天使の間に」が最高傑作だと思っています。ムルチ回はあまりに社会派ドラマすぎて、子どものころは見るに堪えなかったなあ(^^;)。
私は子供 
子供だったから、セブンを見て、怪獣が出てこないので「つまらない」と思ってました。その点、新マンは楽しかった。
子供でしたから(笑)
セブンの伝えたいことなんて、ハナタレ小学生には分からなかったです。
Re: 私は子供 
ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!

そうなんですよね、セブンは怪獣も宇宙人も出てこない話すらありますものね。一方の新マンは、怪獣が2体出てくる話もけっこうあるし、ウルトラマンやセブンが出てくる話もありました。グドン&ツインテール戦は、ものすごく興奮しました!

僕が子どもの頃も、新マンが一番人気だった気がします。「セブンがどう考えてもいちばん面白いだろ」と必死に言い張っていたのは僕ぐらいだったかも。

04 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS