FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集全巻 バレンボイム(pf)』

bach_well tempered clavier_barenboim 貧乏ミュージシャンだった僕は、クラシックのコレクターさんみたいにひとつの曲の録音を10も20も持つなんて事は無理、ひとつの作品でいちばん評判のいいやつをひとつふたつ手にするのが関の山でした。膨大な練習に追われ、聴き比べなんて時間的にも経済的にも許されない事でした。ところが、平均律クラヴィーアは聴き比べちゃったんですよね。なんといっても中学生の時に弾かされて自分の音楽の基礎になったような曲でしたし、それなのに「これはすげえっ!」っていうフィットした録音に出会えてなかったので、いろいろ手を出してしまったんです。

 このバレンボイムの録音は2004年、レコード屋のクラシックフロアの試聴機で見かけたのでした。自分のルーツのひとつだった平均律クラヴィーアの新録、レコード屋の試聴機で聴くと音が良く感じてしまうというマジックにひっかかり(あれ、なんなんでしょうね^^;)、安くないのに衝動買い。リヒテルの録音は音がボワンボワン、グールドの録音は逆に音がカチンカチン、丁度いい録音の平均律クラヴィーアがずっと聴きたかったのです。そして、とうとうそういうCDに出会ってしまったという感じでした!
 録音は、リヒテル、グールドのものと比べて圧倒的にいい!ピアノが遠すぎず近すぎず、残響が多すぎず少なすぎず、いい感じ!ピアノの音は細いですが、ワーナーですからね、ピアノ自体というよりもあとからイコライザーでそうしたような気もするし、当時のデジタル録音なんてこんな感じなのかも知れません。
 演奏は…これはリヒテル系の平均律クラヴィーア直系、かなり抒情性の高い演奏です。というか、リヒテルどころではないほどにカンタービレだな、すごくアゴーギクだぞ…。というわけで、まるでロマン派バッハというような演奏です。う~んこれはさすがにやり過ぎじゃないか?バレンボイムさんは、ブーランジェのもとで平均律クラヴィーアの演奏を学んだそうですが、前の人たちの演奏と違うようにと考えたのかなあ…。
 というわけで、僕が崇める平均律クラヴィーアは、実に録音に恵まれないのでした。リヒテルの録音があと10年新しいか、グールドが響きの良いホールで録音してくれるか、バレンボイムがもう少し普通に演奏してくれれば…。というわけで、今の僕は、グールドの演奏を自分でリミックスして聴いているのでした(^^)。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

11 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS