FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(漫画・サブカル)   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

コミック『ゴルゴ13』 さいとう・たかを

Golgo13.jpg 殺し屋と言えば、日本人にとっては最初に思い浮かぶのは彼じゃないでしょうか?!漫画「ゴルゴ13」、僕が物心ついた時にはすでに本屋にいっぱい並んでました。いまも週刊誌に継続連載中というのが凄い!連載に穴を空けたことがないらしいですね。ゴルゴもプロですが、さいとう・たかをさんもプロです。

 僕がゴルゴ13をどれぐらい読んでるかというと、たぶん半分ぐらい。よく行く美容室にあるもんでね(^^)。物語は成功率100%と言われる殺しのプロフェッショナル・ゴルゴ13のところに殺人依頼が来て、それをゴルゴが成功させるというもの。この殺しというのがマフィアの用心棒レベルじゃなくって、FBIやKGBが依頼主の時もあれば、ゲリラや版政府機関が依頼主もある時もあるという、ほとんどテロリスト認定の国際犯罪クラス。世界の歴史を動かすほどの暗殺をやってのける時もちょくちょくあります。というわけで、この物語の面白さの半分は、学校の教科書が書かないような現代政治史の暗部がベースになってる所で、これがメッチャ面白い。虚実入り混じってるので、かなり混乱させられますが(^^;)、少しでも現代史が分かっていると、メチャクチャ面白いです。話によると、社会巨悪をどうにかしたいという内部リークがベースになっている話もあるとかないとか。

 でも、手放しで面白いと言えないところもありまして、話がちょっと荒唐無稽です。ゴルゴが凄すぎるのです。僕が苦笑をこらえられなかった話は、バイオリンの弦の1本だけを狙撃する回(´・ω・`)。美容室で変な笑いが出てしまいました。ほかにも、防弾ガラスの1カ所だけに何発も銃弾を撃ち込んで穴をあける狙撃とか、水切りショットとか、ひとりで一個小隊を全滅させる回とか。こういう荒唐無稽ささえなければ、間違いなく大人の鑑賞に堪える漫画だと思うのですが…でも、荒唐無稽さを笑って楽しむのも、ゴルゴの楽しみ方なのかも知れませんね。あ、そうそう、僕の一押しの話は、旧ソ連の諜報員の亡命を描いた悲しいドラマ「マニトバ」です。文庫版だと、8~9巻に跨って掲載されていますが、歴史に翻弄されるスパイの悲哀、そして感傷抜きの無慈悲でハードボイルドなラストと、映画並みの見事な台本の名作です!あ、あと、文庫版は、話のベースになっている社会事変や、物語のモデルになっている政治人物などを解説したあとがきがついていまして、これが秀逸。ペルーの要人とかFBI長官の名前とか、普通の人は知らないと思うので、出来れば文庫版を読む事をすすめします!

関連記事
スポンサーサイト




Comments
小学校低学年の頃、床屋の待ち時間に 
Hシーン目的に見てたのが、原体験ですね!

大人になって見ると、確かに「荒唐無稽が鼻につく」点もありますが
「世界情勢裏豆知識が身につく必殺仕事人」と思って未だに愛読しております。

自分は「ゴルゴのルーツ」的なものはみんな好きなんですが、連載の長期化で「ゴルゴの年齢設定」がどんどん上がってきてるんですよね。もはや「第二次世界大戦期に生まれた・・・」では(うちの親父と同世代ですから)70歳過ぎ!!! その点が一番の「荒唐無稽ポイント」ですね。さいとうプロはどうするつもりなんだろう?
Re: 小学校低学年の頃、床屋の待ち時間に 
地味JAM尊さん、書き込みありがとうございます!

僕がHシーン目的で読んでたのは「つるもく独身寮」で…って、誰も知らないですね(^^;)。ゴルゴは現在文庫版で読みなおしておりまして、現在80巻まで来ました。文庫版は、巻末の解説が秀逸で、実際の世界史の何をモチーフにした話なのかが細かく書かれていて、メッチャ勉強になります。

ルーツものでは、残留孤児で暗殺者一家に育てられた話が一番好きです!


01 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS